君は何が好きなの?

ブロガーMYがロックバンドを発信するブログ。これから来るバンドを紹介します。皆でロックを盛り上げて行きましょう! フェス情報、バンド情報、リリース情報、バンド界隈のニュースを発信します。 ツイッターフォロー、読者登録をすると、速報が届きます。 10月からフリーランスです。

バンドの魅力を知っていますか?ライブキッズのすゝめ。

ポップミュージック人気がすごい!

 

一昔前から考えると、ダンスボーカルユニットやアイドルソングがかなり広がってきたなと感じている。

 

 

今やCDの売れ行きのほとんどはEXILE系かアイドル系が占めている。

 

そして、CDの売り上げだけじゃなく、テレビやメディアへの出演も頻繁にあるので、かなりお茶の間でポピュラーな存在になってきている。

 

 

それはもちろん、魅力があるからに他ならない。

俺も一時期、EXILE系のユニットにはまった。

 

ダンスができるっていうのがすごくかっこよかった。

それに憧れてダンスを始めようとしたし、学際に来たときはもちろんライブにも行った。

生で見て思ったけど、かなりのダンスの上手さ(当たり前だ)

あの筋肉美。生半可な努力では手に入らない。

EXILE系ってまじですごいんだ。

 

そりゃ人気出るわ。って思ったよね。

 

 

ダンス、アイドルの広がり

 

確かに、ダンスやアイドルなどのポップミュージックが広がりを見せていて、オリコンのランキングにロックバンドはあまり見かけなくなっている。

最近の子供も、アイドルやEXILEに憧れてダンスを始めたり、歌を歌う人が増えている。

 

ロックの世界で有名な横山健という方がいる。

ひと昔前にHi-Standardというバンドでロックシーンを沸かせた方だ。

現在はken yokoyamaという名前のバンドで活動をしている。

そのバンドは、メディアに出ないことで有名で、テレビに出るなんてほとんどない事だった。

その方が、ついにMステに出たんだ!

全国のライブキッズはもう発狂したよね。

今までメディアにほとんど出ていなかった方があのMステに出るんだ!

 

そして、Mステでのことを彼のコラムで語っている。

 

次が自分の出番になった時、MC のタモリさんの横に座った。トークをするのだが、そこでタモリさんに「どうして地上波に出ようと思ったわけ?」と問われ…いくつか答えを想定していたのだが、口をついて出たのが「若い子達に『ロックンロールって、楽器を弾くことってカッコいいもんなんだよ』って、オレみたいなもんがパフォーマンスすることで思ってもらえたら…」という言葉だった。その後のタモリさんの「最近バンド減ってきてるのかねぇ?」という質問に、「わかんないですけど、歌やダンスに向かう子達が増えているような気がします」と答えた。

 

彼は歌やダンスに向かうのがダメだと言っているわけではない。

 

これが後々反響を呼んだのだが、ちゃんと明記しておきたい。これは共演した三代目 J Soul Brothers や NMB48 をディスったものではない。ただの、ロックが直面している、妥当な現状認識だ。

 事実、ハイスタが活躍していた90年代後半はバンドが全盛期だった。学校で例えると、クラスの暴れん坊や目立ってる連中、情報の早い連中にハイスタは支持された。しかしそのポジションはしばらくすると、ヒップホップにさらわれた。悪くて尖った連中が、昔ならバンドに向かっていたはずの連中が、「ヒップホップの方がかっこいいじゃん」と、そっちを選ぶようになっていった。そりゃそうだ、ヒップホップの方が生っちょろくなっていったロックバンドの発信よりも、よっぽど強い発信をしてたし、見た目もカッコよかった。ヒップホップとダンス文化はクラブカルチャーというところで密接な関係にある。尖った若いガキ、かわいい女の子がそっちに流れて当然である。それがとてもわかりやすい形として、宇多田ヒカルさんやリップスライムなどのスターを生んだ。強烈なアイコンを擁する「ヒップホップ/ダンス」に、ロックは一回、負けているのである。
 さらに AKB をはじめとしたアイドルグループの活躍。ちょっと前を考えると、韓流のブレイク(少女時代や KARA)もあった。子ども達が「歌もうまいしダンスもかっこいい、なおかつ顔が良い」人達をテレビで見かけると、当然魅力的に映る。

 

 ロックも負けてないんだ

 

ロックにはアイドルやダンスにはないかっこよさがある。

 

それこそ、

楽器を演奏できるという事、楽器を演奏する姿だったり、

メンバーのチームワークであったり。

そして、反骨精神を伝えるのはロックバンドという形が一番だと思う。

 

俺はバンドを聞くようになって、ギターを買ってみて、その演奏の難しさにびっくりした。

これを弾きながら歌ってんのか!?って。

 

あなたにおススメしたいロックバンドがいくつもある。

かっこいいバンドもあるし、かわいいバンドもある。

 そんなのも今度書いていこうと思う。

 

最近フェスも増えてきていることだし、ぜひ、ロックを聴いてみてはいかがだろうか?