君は何が好きなの?

ブロガーMYがロックバンドを発信するブログ。これから来るバンドを紹介します。皆でロックを盛り上げて行きましょう! フェス情報、バンド情報、リリース情報、バンド界隈のニュースを発信します。 ツイッターフォロー、読者登録をすると、速報が届きます。 10月からフリーランスです。

プロレスは終わりなきドラマだ。プロレスの面白さを語る。

プロレスを格闘技だと思ってはいませんか?

 

違います。プロレスは格闘技ではありません。

プロレスを格闘技だと思っている方は実は騙されています。

その誤解を解くためにプロレスは一体何なのかについて説明をさせてください。

プロレスは「映画」だ


最初に結論から言いましょう。

プロレスは実は「映画」なんです。

そうです。映画館で見るような「映画」です。

プロレスは格闘技ではなく、「ハリーポッター」や、「踊る大捜査線」といったような映画と一緒なんです。

なぜそう言えるのか?

それは、プロレスには台本があるからです。

プロレスはテレビドラマと同じように、台本があります。
台本といっても、試合お互いにどういう風に技を掛け合うという事が決められているというわけではありません。

台本では、試合結果、試合後の乱入、その後の選手同士の因縁、抗争などが全て決められています。

だから、抗争や、和解、挑戦が実る瞬間などのストーリーが生まれ、そこに感動が生まれることになるのです。

それは映画と一緒です。

ハリーポッターでも、挑戦や失敗、抗争をストーリー仕立てにすることで、観客に興奮や感動を与えようとしています。
ハリーとヴォルデモートの抗争に皆が興味を持ち、映画館に向かっていました。

プロレスでも観客の感動や興奮を生み出すために、選手同士の戦いを演出しているのです。
ベルト保持者と挑戦者との抗争に興味を持ち、皆が観戦に行きます。

そういった意味でプロレスと映画は一緒なんです。

 

プロレスと映画との決定的な違い


しかし、プロレスと映画では、二つの決定的な違いがあります。

ここが、プロレスの一番興味深い部分であり、面白いところなのです。

 

永遠に終わらないストーリー

 

一つ目の違いはストーリーについて。

映画はストーリーに終わりがあります。

例えば、ハリーポッターは完結してしまったので、これからの展開は用意されていません。
もうハリー達の抗争を見ることはできません。
ハリーポッターのストーリーはもう完結してしまったのです。

対して、プロレスはどうでしょう。

実はプロレスで用意されるストーリーには終わりがありません。
今展開されているストーリーはアントニオ猪木やジャイアント馬場の時代から脈々と受け継がれているストーリーなのです。

分かりやすいように、映画に例えて言いましょう。


例えば、ハリーポッターでのストーリーでは、ハリーかヴォルデモートのどちらかが死んでしまったら完結です。これ以上の展開は用意できません。
ましてや、ハリーがヴォルデモートに敗れて死んでしまったら、もう映画を続けることは出来ないでしょう。


しかし、プロレスの場合は違います。

ベルトの抗争の果てに主人公(ベルト保持者)が破れてしまったとします。
すると、どうなるか。

新たに主人公が生まれる展開になるのです。

勝った事で、主人公の座を受け継ぐことになるのです。
そこからは新チャンピオンのストーリーが始まります。
そこで大体、その時に一番盛り上がる対戦相手との抗争が始まるのです。

そういったように、チャンピオンが変わるごとに、新たなストーリが始まるのです。

それが繰り返されて行く事で、アントニオ猪木の時代から現代までストーリーが受け継がれているのです。

そのように、ストーリーが永遠に続いていくことがプロレスの面白さです。

 

踊る大捜査線にハリーポッターが出てくる

 

二つ目の違いは登場人物について。

映画では、映画を越えて登場人物が交わることはありません。

例えば、ハリーポッターとスーパーマンが戦う事はありませんし、
ヴォルデモートとマレフィセントが戦う事もありません。

しかし、プロレスではこれがあり得るのです。

プロレスには団体というものがあります。
映画で例えると、団体とは、作品のシリーズのようなものです。

ハリポタシリーズはその中の登場人物でストーリーを展開させて行きますし、
踊る大捜査線シリーズもその中の登場人物でストーリーを展開させていきます。

と同じように、プロレスも団体の中でストーリーを展開させていきます。

しかし、時に、団体を移籍する選手が出てきます。

その時がとても面白いんです。

今まで交わっていなかった選手がついに他の選手と交わることになる。

あまり、ピンとこないかもしれませんが、これも映画に例えると分かります。


例えば、ハリーポッターの世界と大捜査線の世界が交わったらどうなるでしょう?

当然魔法なんて現代社会では違法です。
青島刑事と室井刑事はハリーポッターを逮捕するために悪戦苦闘していくことでしょう。
ここではもちろん、違法行為をしているハリーポッターが悪者になります。

このように今まで交わらなかったストーリーが交わることで、新たなストーリーが生まれるのです。

プロレスの世界では、このように団体の垣根を越えて登場人物が交わることがあるのです。
他団体からスター選手が移籍し、一気にチャンピオンになることもあり得ます。
そしてそこからはその人のストーリーが始まるのです。

このように、登場人物が交わることも映画との決定的な違いでしょう。


これで、プロレスが格闘技ではないという事。
そして、映画と同じように、ストーリーが用意されている事。
映画との2つの違いについて納得していただけましたでしょうか?

プロレスは映画が好きな方は好きになりやすいものだと思います。

これが私のプロレスの紹介文です。
そして、映画よりももっと楽しいものなんです。

 

 

プロレスを見よう

 

プロレスってめっちゃめちゃ楽しいんだ。

是非プロレスを見てほしい。

アツいストーリーを感じてほしい。

 

たまにはプロレスを見るという遊びもいいんじゃないかな?

 

 

↑応援してくださる方はぜひ読者登録をお願い致します!

目標まであと4人!!

 

過去記事も是非ご覧ください!!