君は何が好きなの?

ブロガーMYがロックバンドを発信するブログ。これから来るバンドを紹介します。 フェス情報、バンド情報、リリース情報、バンド界隈のニュースを発信します。あとダイエットも。 ツイッターフォロー、読者登録をすると、速報が届きます。 フォローお願いします!

サカナクションの破産が心配な件。ライブがまさかの赤字だった!?

11月30日放送「NHK サカナクションライブ2017」を見た。

 

11月30日にNHK総合で、サカナクションのライブが放送されていました。

 

放送されていたライブはメジャーデビュー10周年記念のツアー「SAKANAQUARIUM 2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around」の幕張メッセ公演でした。

 

サカナクションのライブの模様と、ボーカルである山口さんや、スタッフのインタビューも収録されている番組です。

 

この番組はサカナクションのライブへのこだわりがわかるような番組でした。

サカナクションって特に音と光にここまでこだわるか!?とわかります。

 

この番組で、サカナクションの音への半端ではないこだわりを感じる事ができました。

 

こだわりがすごすぎて、このライブを見て、いろいろと調べてみたら、サカナクションの破産が心配になりました。

 

それはどういうことか。

 

放送を見た感想とともに、説明していきます。

  

6.1ch Sound Around

 

この ライブでは「SAKANAQUARIUM 2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around」という名前の通り、6.1chというもので開催されています。

 

6.1chについてはこの動画でも紹介されています。

 

簡単に言うと、ものっすごい音響システムです。

 

普通のライブの音響は大体2chです。

2chは右と左にスピーカーがついていて、基本的に音が聞こえるのは前からです。

f:id:dietblogMY:20181204133713p:plain

 

それに対し、6.1chは

スピーカーが観客を取り囲む形で配置されています。

 

そうすることで、音が立体的に聴こえるようになります。

f:id:dietblogMY:20181204134108p:plain

 

このライブは幕張メッセと大阪城ホールで行われました。

実際のスピーカーの配置はこちら。

f:id:dietblogMY:20181204134656p:plain


まさに取り囲んでいる形ですよね。

そして、このライブでは計242本のスピーカーが使われたそう。

これだけで、ものすごいライブだということが感じられると思います。

 

 

6.1ch挑戦の背景 

 

この6.1chのライブをした背景にはサカナクションの想いがありました。

それがこの番組のインタビューでわかります。

 

そして、この幕張メッセでの6.1chでのライブ公演は、

普通は無理と考えられているものに挑戦した結果だったのです。

 

山口さんインタビュー

 

6.1chライブの背景

「自分たちのやりたいことが2chで足りなくなった。L(左)とR(右)のスピーカーだけでは自分たちの出したい音が出せなくなってきた。

もう一つは僕らのバンドのテーマでもあるんですけど、よい違和感、なんだこれという違和感、それをどうしても出したかった。」

 

ライブを通して

「6.1chのライブがすごかったっていう印象を持って帰ってほしかったってこともあるけど、一番は音楽って楽しいよな、ライブってすごいなっていう。

音楽体験の未来というか、もっとこれからすごくなっていくのを感じてもらいたかった。

それが一番みんなに持ち帰ってほしかったものですね。

テクノロジーってものすごい速さで進化すると思うんですよ。

なので、色んな音楽体験が増えてくるのですが、気を付けたいなと思っているのはこのテクノロジーがあるからこういう演出をしようよというのではなくて、こういうことをしたいからこの技術を使おうよという順番にしたいというのは僕らの中で大事にしていきたいところで、やりたいことが先にあるというのは大事にしていきたいな。」

 

 

6.1chの音を管理するPAエンジニアの佐々木さんインタビュー

「(幕張メッセは)広すぎて無理って言うのが普通に考えたらありますけど、まあ彼らは音に対して真剣なので。じゃあ、どうしたらできるか?ていう挑戦みたいな。」

 

  

観客の反応

 

ライブで見た観客にインタビューをした映像もありました。

そこでの観客の反応はこのようなものでした。

 

「他のライブでは感じられないような迫力があってたまんなかったです」

「360°から音が聴こえてすごいなと思いました」

「すぐそこで一郎さんが歌っているような感じで息づかいも聞こえてきました」

「常に新しい事を考えて、それをファンの皆に届けようとしてくれて、本当に真面目にやってくれるんですよ」

 

 

 

衝撃の事実

 

この放送を見て、調べてみたところ、ある衝撃の事実が判明しました。

 

実はこのライブ、チケットがソールドアウトしているにもかかわらず、チケット代だけだと赤字なんです。

  

というのも、山口さんのMCでこんな話があったみたいです。

 

山口さん

「今回のスピーカーシステムには、普通のイベントの3倍から4倍の経費がかかっていまして。ありがたいお話で、幕張メッセ2Days・大阪城ホール2Daysがソールドアウトしましたが、なんと赤字だっていう……あり得なくない? なので、グッズを買っていただかないと、サカナクションは『解散』ではなく『破産』になってしまう!(笑)」

 (参照元)

サカナクション/幕張メッセ国際展示場ホール9-112017.10.06 邦楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

衝撃じゃないですか?

 

自分たちの音を最高にいい状態で届けるために採算度外視でライブを行っていたんです。

 

チケットが全て売れても赤字というライブを行うバンド。

そんなバンド他にあるでしょうか?

 

最高にロックです。

 

サカナクションがいつか本当に破産してしまうのでないかと心配になってしまいます。

  

 

再びサラウンド公演が開催!

 

f:id:dietblogMY:20181204150555p:plain

 

2019年にサカナクションはアリーナツアーを行います!

 

放送された公演と同じサラウンド公演です。

ただでさえすごいサカナクションの音をサラウンドで聴いたら骨抜きにされそうです。。

 

4月から6月にかけてのツアーで以下の場所を回ります!

f:id:dietblogMY:20181204150742p:plain

 

今回も採算度外視の公演になるのでしょうか?

前回は大阪と幕張で2daysずつの4公演。

対して今回は10公演。

 

本当に破産が心配です(笑)

 

もしよろしければチェックしてみてください!!

 

因みに、今回俺が見た放送がNHKのBSで12月22日に再放送されるので、 見れる方は是非ご覧ください!!

 

関連情報

SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around (完全生産限定プレミアムBLOCK) [Blu-ray]

ベストアルバム「魚図鑑」

 

↑ぜひフォロー、読者登録をお願い致します!