君は何が好きなの?

ブロガーMYがロックバンドを発信するブログ。これから来るバンドを紹介します。 フェス情報、バンド情報、リリース情報、バンド界隈のニュースを発信します。あとダイエットも。 ツイッターフォロー、読者登録をすると、速報が届きます。 フォローお願いします!

ズーカラデルの新作『夢が醒めたら』がズーカラデルらしくて好きだ!

ズーカラデル新アルバム『夢から醒めたら』がズーカラデルらしくて好きだ

 

ズーカラデルの新アルバムが発売され、最近よく聴いています。

これがめちゃめちゃよかったので、新譜を聴いてみた感想を書いていきます!

 

ちなみに、実はこの新作が結構タワレコとかで目立つ所に対置されてるんです!

それを見て初めてズーカラデルを知る方も多いんじゃないですかね?

 

もし、ズーカラデルを初めて知る方や、買う前に感想を聞いてみたい方は読んでみてください!

f:id:dietblogMY:20181205200914j:plain

f:id:dietblogMY:20181205201551j:plain

 

この新作を聴いたら、やっぱりズーカラデルらしくていい曲ばかりでした。

 

ただ、ズーカラデルらしくていい、好きといったところで伝わらないと思うので、どんなところがズーカラデルらしいのか、どんなところが好きなのかを文字にしてみようと思います。

ズーカラデルらしさとは?

 

穏やかで優しい低音の声

 

ズーカラデルが好きな理由の一つが穏やかで優しい低音の声です。

 

ズーカラデルというか、Vo.の吉田さんの声を聴くとすごく落ち着くんですよね。

 

癒されるというか、穏やかな気持ちになるというか。

 

吉田さんの声が心地よいんです。

 

思えば、最近は結構高音ボイスのバンドが流行っている気がします。

 

優しく穏やかな声で歌っているVoはやや珍しい存在。

 

だからか、無性に聴きたくなるんです。

 

前作の『リブフォーエバー』に入っていた「春風」「ジャーニー」や、

 

今作の『夢から醒めたら』に入っている「夢の恋人」はとても穏やかで落ち着く名曲です。

 

どこかで聴いたことがあるような懐かしい楽曲

 

俺が初めてズーカラデルを知ったのは「アニー」をYouTubeで見た時でした。

 

この曲を聴いたときの感想が「懐かしい」でした。

 

もちろんこの曲を聴くのは初めてでした。

 

けど、どこかで聞いたことあるような懐かしさ。

 

ずっと昔から聞いていたような感覚に陥ります。

 

そんな懐かしさをズーカラデルの楽曲を聴くとよく感じます。

 

それもあって、ズーカラデルを聴くと落ち着くんですかね?

 

不思議です。

 

キャッチーなフレーズ

 

普段生活していて、無性にズーカラデルを聴きたくなる時があります。

 

大体その時は、曲を通して聴きたいと思っているというよりは、「あの曲のあのフレーズ聴きたいなぁ」 と思っているんです。

 

曲の中のフレーズがキャッチーで無性に聞きたくなってしまうんです。

 

今作の曲で言うと、「ビューティ」と「パーティを抜け出して」の中のフレーズが特に好きです。

 

聴いてみるとわかると思います。

 

もし、CDショップにいて聴けるようでしたら聴いてみてください!

 

聴いてみるとわかると思います!

 

 新アルバムの感想

 

新アルバムも、ズーカラデルらしさが詰まっていていました。

 

前作の『リブフォーエバー』に比べて違うところといえば、前作よりもノリのいい曲が多かったという事です。

 

前作はおだやかでゆっくりな曲も多かったですが、

 

今作はテンポが良く、ノリのいい曲の比率が増えたなと感じたっす。

 

ズーカラデルはゆったりしたバラード調の曲のイメージがあったので、自分の中のズーカラデルの振り幅が広がった気がします。

 

ズーカラデルの今後が楽しみです。

 

是非気になった方は手に取ってみてください!

 

収録曲

1.ダンサーインザルーム


ズーカラデル "ダンサーインザルーム" (Official Music Video)

2.恋と退屈

3.夢の恋人

4.パーティーを抜け出して

5.漂流劇団


ズーカラデル "漂流劇団" (Official Music Video)

6.ビューティ

7.フライングマン

 

関連情報: 

夢が醒めたら

  

↑ぜひフォロー、読者登録をお願い致します!