君は何が好きなの?

ガジェット、ロックバンド信者の私MYが、ガジェットやバンドなどの好きなものを発信します。好きなもので人生を満たしませんか?

ロボット掃除機のおすすめ4選!メーカーの特徴や選び方も解説!

ロボット掃除機のおすすめ4選!メーカーの特徴や選び方も解説!

ロボット掃除機は、スイッチ1つで部屋を掃除してくれる家電です。

掃除をロボット掃除機に任せることで、ほかの家事に取り組むことや仕事へ出かけることも可能です。時短できる便利な家電として、人気を集めています。

しかしロボット掃除機は、様々なメーカーから販売されています。さらに各メーカーから販売されている種類も豊富です。

そのため家電量販店や通販サイトを覗いても、どのロボット掃除機を購入すればよいかわからず、迷いますよね。

そこで今回はロボット掃除機のおすすめ4選を紹介します。さらにメーカーごとの特徴や選び方も解説します。

自宅に合うロボット掃除機を購入して、上手に家事の負担も減らしましょう。

ロボット掃除機のメーカー

ロボット掃除機は、様々なメーカーから販売されています。

ここからはロボット掃除機の人気メーカーを紹介します。

メーカーごとで特徴も違うため、選ぶときの参考にしてくださいね。

iRobot

ロボット掃除機の代名詞といえる「ルンバ」を製造、販売しているメーカーです。

シンプル機能で低価格なモデルから、様々な便利機能を搭載した高性能モデルまで種々揃っています。

そのため自分の生活環境に合うロボット掃除機も、見つけやすいです。

また吸引モデルだけでなく、雑巾がけができる「ブラーバ」も販売しています。

おしゃれなデザインも増えており、毎日動かしたくなるようなアイデアが充実しています。

ANKER

モバイルバッテリーや急速充電器などで有名なメーカーです。

ロボット掃除機は丸形の「Eufy」を展開しており、雑巾がけができるモデルも取り扱っています。

静音性が高いため、小さい子どものいる家庭や集合住宅にお住まいでも安心です。

できるだけ静かなロボット掃除機が欲しい方におすすめですよ。

またダストボックスだけでなく、フィルターも水洗いできるため、お手入れが簡単です。

衛生的に使用することもできます。

こちらの記事では、Anker Eufyの各モデルを比較してご紹介しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

パナソニック

あらゆる家電を取り扱っている大手国内メーカーです。

ロボット掃除機は2種類あります。

三角形デザインが印象的な吸引タイプである「ルーロ」と、業界初、回転式ローラーを搭載した床拭きタイプの「ローラン」です。

カメラとレーザーを利用し、イスの細い脚までしっかり判別します。

目に見えないゴミまで検知するので、床をきれいに掃除したい方へおすすめです。

全モデルがスマホと連携できるため、様々な設定も簡単です。

ダイソン

コードレス掃除機や扇風機などで有名なメーカーです。

独自のサイクロン技術と、ダイソンデジタルモーターを搭載しています。

そのため軽量で小型ながら、他製品に比べ約4倍のパワフル吸引を実現しました。微細なホコリまでしっかり取り除くことが可能です。

また本体に内蔵されているセンサーで、自分の位置をしっかり認識できます。

掃除がすんでいない場所も把握できるため、効率的な掃除がしたい方におすすめです。

日立

日立も国内で有名な家電メーカーです。掃除機メーカーとしても人気があります。

「ミニマル」を展開しており、一番の特徴は直径25㎝のコンパクトサイズです。

他社の製品に比べて一回り小さいため、家具の下や隙間などがしっかり掃除できるところも魅力です。

またダストケースだけでなく、フィルターや吸込口カバーも水洗いできるため、衛生的に使用できます。

国内メーカーで、様々な機能も欲しい方におすすめです。

ECOVACS

床掃除ロボットや窓掃除ロボットなど、家庭用ロボットを多数開発しているメーカーです。

世界的にはトップクラスのシェア率を誇っています。

「DEEBOT」シリーズを展開しており、ほぼ吸引+水拭きが可能です。

お手頃価格と、豊富なラインナップも特徴の1つです。

シンプル機能を搭載しているスタンダードモデルから、高機能なハイエンドモデルまで20種類以上も販売しています。

フローリングをきれいに水拭きまでしたい方におすすめです。

ILIFE

家庭用ロボット掃除機を製造、販売しているメーカーです。

使いやすい機能が充実していながら、手頃な価格のロボット掃除機を展開しています。

大別して3種類あり、アルファベットに続く数字が大きいものほど高性能です。

Aシリーズはあらゆる床に対応しています。Vシリーズも吸引タイプでフローリング専用です。そしてWシリーズはフローリングの水拭き専用です。

2万円台のものが多く、低価格で購入したい方におすすめですよ。

エレクトロラックス

世界で初めてロボット掃除機を開発したスウェーデンの老舗家電メーカーです。

知名度は低いですが、2タイプのロボット掃除機を展開しています。

マッピングやスマホ連携など、高機能を備えた「PUREi(ピュア・アイ)」と、自動充電や落下防止など、スタンダード機能が搭載されている「Motionsense(モーションセンス)」です。

どちらも吸引力は強く、掃除スピードが早いです。

そのため効率よく掃除できるという特徴があります。

短めの時間でしっかり掃除を行いたい方におすすめですよ。

ロボット掃除機の選び方

ここからはロボット掃除機の選び方を紹介します。

選び方のポイントを押さえ、自宅に合うロボット掃除機はどのようなものか、確認していきましょう。

種類で選ぶ

ロボット掃除機には、吸引タイプと床拭き・水拭きタイプの2種類あります。

自宅の床タイプや、レイアウトに合わせて種類を選びましょう。

吸引タイプ

通常の掃除機と同じように、落ちているゴミを吸い込み掃除するタイプです。

ロボット掃除機の中でも主流で、カーペットや畳など、様々な床に対応しています。

水拭きタイプ

フローリングの床拭き、水拭きが可能なタイプです。

本体の裏面にクロスが付いており、床の汚れを拭き取ります。

水を噴射して水拭きするタイプもあり、床のべたつきに効果的です。

値段で選ぶ

ロボット掃除機の値段は1万円~10万円以上するものなど、様々です。搭載している機能性や精度によって値段が変わります。

最低限の機能やサブ掃除機として使用する場合は、1万円台でも十分です。

定番機能を望む場合は、2~5万円台がおすすめです。

6~9万円台は、ゴミの自動回収や精度の高いマッピングなど、様々な便利機能を搭載しています。

そして10万円以上は多機能に加え、部屋ごとに進入禁止エリア設定が可能など、より快適に使用できます。

アプリ対応かで選ぶ

専用アプリに対応していれば、掃除の開始・終了など、スマホから遠隔操作ができるようになります。

そのため外出後、掃除機のスイッチを入れ忘れに気付いた場合も、スマホで操作が可能です。

また掃除した場所のチェックや、決まった日時に自動で掃除し始めるスケジュール管理など、様々な設定がスマホからできるモデルもあります。

わずらわしい操作を大幅に省くこともできる便利な機能です。

おすすめのロボット掃除機

ロボット掃除機について、メーカーの特徴や選び方を紹介しました。

自宅に合うロボット掃除機は、イメージできたでしょうか。

ここからはおすすめのロボット掃除機4選を紹介します。

こちらも参考に、ぴったりの1台を見つけてくださいね。

Anker Eufy RoboVac 15C

Anker Eufy RoboVac 15C画像

大容量のリチウムイオンバッテリーが内蔵されています。

そのためパワフルな吸引力を維持したまま、約100分間の連続稼働が実現。広い部屋もバッテリー切れの心配をせず掃除できます。

専用アプリに対応しているため、スマホからの操作も可能ですよ。

掃除の開始や終了、スケジュール設定、モード変更など、様々な設定も簡単です。

基本的な機能が備わっており、1万円台とお手頃なので、ロボット掃除機デビューにもおすすめです。

こちらの記事では、Anker Eufy RoboVac 15Cについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

ルンバ e5

ルンバ独自のデュアルアクションブラシを搭載しています。従来製品に比べ最大5倍の吸引力で、ホコリやハウスダストも徹底除去。快適な空間を保ちます。

専用アプリに対応しており、スケジュール管理や清掃状況の確認もスマホから操作が可能です。

フローリングやカーペットなど、床素材に合わせて吸引校を最適な状態へ自動調整するため、どの床にも対応できます。

高い掃除性能にもかかわらず、3万円台とコスパがよいモデルです。

パナソニック RULO mini MC-RSC10-W

小型サイズながら壁際や角に溜まったゴミも、しっかりかき出し吸引します。

壁際や角をラウンド走行した後は、ランダム走行で部屋全体もくまなく掃除します。

見えないゴミも徹底的に除去する「クリーンセンサー」を搭載しているため、快適空間の維持が可能です。

また稼働音を約20%カットする「音ひかえめモード」にて、昼夜問わず使用できます。

障害物検知センサーなど、定番機能が備わっている4万円台で購入できるモデルです。

Dyson 360 Heurist RB02 BN

独自技術のサイクロンテクノロジーを搭載しています。小型で軽量ながらダイソンの吸引力が魅力です。

小さなゴミや微細なホコリも強力に除去できます。

また360°ビジョンシステムにより自分の位置も認識できるため、効率よく掃除を行います。

専用アプリを利用すれば、スケジュール設定や運転モードの切り替えもスマホで操作が可能です。

10万円以上するモデルですが、エリアに区切って掃除可能など、様々な便利機能も搭載されています。

まとめ

ロボット掃除機は忙しい日々も、掃除のサポートをしてくれる便利な家電です。

様々なメーカーから種類もたくさん販売されていますが、それぞれ特徴は異なります。

機能性や予算なども、しっかりチェックし、ライフスタイルに合うロボット掃除機を見つけていきましょう。

こちらの記事では、ロボット掃除機のメリット・デメリットについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。