君は何が好きなの?

雑記ブログ「君は何が好きなの?」。好きなものや楽しめるもの探しをお手伝いします。 好きなもの→バンド/バイク/イラスト/プロレス/ブログ/youtube/漫画/ランニング/バスケ/ゲーム/ 好きなものが被っている方はぜひ読者登録、ブックマークをお願いします!

浄水器のメリットを解説|一年使ってわかったこと

こんにちは、ブロガーのMYです。

突然ですが、皆さんは、どうやって飲み水を調達していますか?

コンビニやスーパーで買う方法や、ウォーターサーバーを契約して送ってもらう方法や、スーパーでボトルを買って無料でボトルに給水する方法など、水の調達方法は様々です。

自分はというと、1年前までスーパーでボトルを買い、毎回給水を行いに行っていました。スーパーに行けない日はコンビニで1Lの水を買っていました。

しかし、それだとわざわざ給水に行かなければならなかったり、コンビニで買った重い水を持って帰らなければならなかったりするので、とても不便を感じていました。

また、夜中、急に喉が乾いた時に水がないと最悪です。コンビニに行くのすら面倒なので、美味しくない水道水を飲んでいました。

そんな自分が導入したのが蛇口につける浄水器です。これが非常に便利で、導入してからは不便を感じる事が無くなりました。

今回は、1年前に浄水器を買い、浄水器に救われた自分が、浄水器を導入するメリットをご紹介していきます。

浄水器の効果や、デメリットについてもご紹介していきます。浄水器を導入する際の参考にして頂けたら幸いです。

浄水器の効果

浄水器画像2

まずは、浄水器の効果についてご紹介していきます。一般的に浄水器がどういったモノとされているのかを含めてご紹介していきます。

この記事では、水道の蛇口に取り付けるタイプについてご紹介しています。

水道水を美味しくする

浄水器は、水道水を美味しく飲める水にするためのモノです。

浄水器を水道に取り付けることで、水道水が横に設置してあるフィルターを通るようになります。そのフィルターの中で、水道水に含まれる不純物を取り除きます。

そうすることで、水道水の雑味や、塩素の味が取り除かれます。

その結果、浄水器を使う事で、水道水が飲めるレベルまで美味しくなるのです。

水道水の匂いを除去する

水道水を浄水器に通すことで、水道水にある嫌な匂いもなくなります。

これも先ほどお伝えしたフィルターの効果です。フィルターを通すことで、塩素の匂いが無くなるため、水道水が臭くなくなります。

余談ですが、自分が田舎から東京に引っ越してきたときに、シャワーがすごく臭く感じました。

ずっと東京にいると慣れてきますが、浄水器を通さないと水道水は独特な匂いがしますね。

シャワー機能も使えるようになる

浄水器を取り付けると、水の出方を調節できるようになります。浄水器をつけたからといって、蛇口から出る水すべてが浄水される訳ではありません。

切り替えのつまみがあり、水道水の原水と、浄水された水を切り替える事ができます。

フィルターには使用できる限界があるので、必要ないときは使用しないようにするために切り替えつまみがあるのかと思われます。

原水と浄水の切り替えだけでなく、原水の中でストレートとシャワーの切り替えも出来るようになる場合が多いです。

洗い物の時はシャワーを使うといった使い方が出来る事も浄水器の効果でしょう。

浄水器のメリット

ここからは、浄水器のメリットについてご紹介していきます。

自分が1年間実際に使用して、人生にプラスとなったと感じたことをまとめました。

美味しい水を手軽に飲める

まず最初に挙げるべきメリットは、美味しい水を手軽に飲めるというメリットでしょう。

皆さんもこれを求めて浄水器を検討しているのではないでしょうか?

浄水器を買う前は、「本当に効果あるの?」と思っていましたが、実際に使ってみて、十分に美味しい水を飲めるようになりました。

美食家の方や、体に入れるものにかなり気を使っている方は、「美味しくない」というかもしれませんが、特にこだわらない方には十分でしょう。

時間の節約になる

これも自分の中で非常に大きなメリットです。美味しい水が飲めるということ以上に人生に大きな影響を与えたメリットです。

浄水器を買う前までの自分は、スーパーまで水を給水しに行っていました。

スーパーまでは自転車で往復20分です。スーパーでの給水に毎週40分ほどを費やしてしまっていました。

水を給水するためだけにスーパーに行っていたこともありました。水はかなり重いため、往復に疲労もたまります。

これは、コンビニでペットボトルの水を買う場合もそうでしょう。重い水を運ぶ必要があります。

この時間と負担が0になることは大きなメリットでしょう。

お金の節約になる

浄水器は、お金の節約にもなります。

コンビニやスーパーで水を買うと、年間12,000円はかかる事でしょう。(月1000円×12カ月の計算)

ウォーターサーバーを契約している場合は、年間48,000円ほどでしょうか。(月4,000円×12カ月の計算)

自分が買った浄水器は、7,000円でした。これを1年使えば1カ月約600円の計算となります。

ウォーターサーバーと比較すると年間41,000円も違うのです。

また、浄水器は一度買ってしまえば後はカートリッジを交換するだけで使い続けることができます。

自分が使っている浄水器だと、カートリッジは1つ2,000円程です。

非常にやすく水が飲めて、お金の節約ができることも浄水器を使う大きなメリットでしょう。

手間が少ない

手間が少ない事も浄水器のメリットの1つです。

取り付けは、やり方が分かっていれば5分もかからずに終わります。

また、ウォーターサーバーと違って毎月の発注や、配達された水の保管、水が切れた時の入れ替えも必要ありません。

もちろん、水を買いに行って重い水を持って帰る必要はありません。

必要なのは、水道に行って手を数十センチ動かすだけです。

このように、ウォーターサーバーの管理や水を買いに行くことなどに比べて手間は少ないことも大きなメリットです。

浄水器のデメリット

ここからは、洗浄機のデメリットについて書いていきます。

他の手段を検討している方の参考になれば幸いです。

カートリッジ交換の必要がある

フィルターが入っているカートリッジはずっと使えるわけではありません。600L(リットル)や900Lなど、使える水量が決まっています。

モニターに表示される数値が0になったら交換する必要があります。

浄水器の残量表示

カートリッジを買い換え続けないといけないことはデメリットと言えるでしょう。

ミネラルウォーターに比べて味が劣る

市販のミネラルウォーターだったり、ウォーターサーバーの水に比べると、味は劣るでしょう。

フィルターで不純物を取り除きますが、100%取り除けるわけではありません。

自分は味に不満を感じたことはありませんが、やはり市販の水に比べると市販の水の方が美味しくは感じます。

水の味にこだわりたい方はウォーターサーバーや市販の水を飲むと良いでしょう。

実際に一年使ってみての感想

ここからは、自分が実際に1年使った感想を書いていきます。

自分は、導入するかどうかをかなり悩んでいました。理由は2つです。

一つ目が本当に水道水が飲めるようになるのかということ。

2つ目が7000円を払う価値があるのかということです。

結果、その二つは心配する必要がないものでした。

十分に美味しい水が飲めるようになり、水を買う回数が減ったので節約にもつながりました。

例えば、小さなお子さんがいる家族や水にこだわりがあるお金持ちの方などはウォーターサーバーを使うと良いかとは思います。

ただ、一人暮らしの方やお金、時間のない方には自信を持って全力でおすすめします。

2020年に買って一番良かったものが浄水器です。まだ導入してない方は、導入することでメリットが大きいでしょう。

ぜひ使ってみてくださいね。