AirTagとTileの特徴を比較して紹介!実際に使って分かったメリット・デメリットについても解説

楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

airtagとtileの特徴を紹介!メリット・デメリットについても解説

鍵や財布などがどこにあるか分からないときに役立つのが、紛失防止タグと呼ばれるガジェットです。

スマートフォンのアプリで位置情報を検索することができるので、なくしたら困るものに取り付けておくと便利です。

紛失防止タグは様々なものに取り付けられるように、小さくて厚みのないアイテムです。

大切なものをよくなくしたり置き忘れたりする人は、利用することで安心感を得られます。

有効な使い方として、傘に取り付けるとどこかに置き忘れても見つけることができます。また自転車に取り付けると、盗まれても探すことができます。

様々なメーカーから販売されている紛失防止タグの中でも、利用者の多いAirTagTileについて実際に使って比較してみましょう。

それぞれの特徴とメリット・デメリットについて紹介していきます。

AirTagとは

air tag 画像

AirTagはAppleから発売された紛失防止タグです。

AirTagの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

AirTagの特徴

AirTagはBluetoothを利用することで位置情報が分かる仕組みになっています。

iPhone11以降の端末では、UWB(Ultra Wide Band:超広帯域無線通信)と呼ばれる無線通信に対応しているので、かなり正確な場所を探すことができます。

AirTagのメリット

自分のiPhoneから探しものが遠くに離れてしまっても、他の人のiPhoneがAirTagに近づくと位置情報を検知してくれます。するとiCloudを経由して、持ち主に位置情報が届くようになっているのです。

プライバシー保護については十分配慮されているので、他の人にAirTagの位置を知られるのではないかと心配する必要はありません。

中継に利用するiPhone などは匿名に保たれ、位置情報は徹底して暗号化されます。AirTagの場所が他のiPhoneユーザーに漏れることはないので安心です。

AirTagのデメリット

利用できるスマートフォンはiPhoneのみで、Androidは対応していません。

またAirTagにはストラップホールがないので、タグ自体を鍵などに取り付けることはできません。

様々なタイプの専用ケースが販売されているので、必要に応じて購入しなくてはいけません。

おしゃれなApple公式のキーホルダーから、お手頃な他社製品までたくさんあるので確認してみてください。

Tileとは

Tile画像

世界の230カ国で販売されている紛失防止タグです。

いくつか種類がある中で一番リーズナブルなTile mateの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

Tileの特徴

TileはBluetoothの接続範囲内にあれば、スマートフォンの専用アプリを使って音を鳴らすことができます。

反対にスマートフォンがどこにあるか探したい場合には、Tileからスマートフォンを鳴らすこともできます。

Tileのメリット

スマートフォンからTileの音を鳴らすことができるので、なくしたものが近くにあれば簡単に見つけることができます。

Bluetoothの通信が途切れた場所がアプリの地図上で表示されるので、落とした場所が分かります。

また探しものの近くを他のTileユーザーが通ると、アプリで場所を知らせてくれます。

世界中のTileユーザー同士のコミュニティのおかげで、探しものが遠く離れた場所にあっても位置情報が検知される可能性が高くなります。

Tileのデメリット

Tileを取り付けたものを置き忘れて離れた際に、スマートフォンに通知が出るスマートアラート機能は有料です。

Tile premiumという月額360円(税込)のサブスクリプションサービスに申し込む必要があります。

他にも、過去30日間の位置情報を記録するロケーション履歴サービスなどもTile premiumに申し込んでいないと利用できません。

AirTag Tileの比較

air tag tile 端末比較画像

使い方・サイズ・機能・バッテリーの4つの点において、 AirTagとTile を比較してみましょう。

使い方

使い方について比較してみます。

AirTag

air tag 端末画像

初期設定はとても簡単です。絶縁フィルムをはがしてiPhoneに近づけます。すると操作画面が表示されてペアリングされるので、「接続」をタップして持ちものの名称を設定したら完了です。

こちらの記事では、AirTagの使い方についてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

Tile

tile本体画像

初期設定にはTile専用アプリをインストールします。アプリを起動したら、新規登録へ進んでアカウントを作成します。

Tileをスマートフォンに近づけてペアリングしたら、取り付けたいアイテムを選択して
完了です。

こちらの記事では、Tileの使い方についてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

サイズ

それぞれのサイズは以下の通りです。

AirTag

Aietagサイズ

直径31.9mm、厚さ8mm、重さ11g

500円玉より少し大きいくらいのサイズです。

Tile

Tileサイズ

縦35mm、横35mm、厚さ6.2mm、重さ7.5g

正方形でストラップホールがあります。

機能

機能について比べてみましょう。

AirTag

iPhoneからAirTagを鳴らすことができます。なくしたものを「探す」アプリで選び、「サウンドを再生」をタップします。ビープ音が鳴るので近くにあれば見つけることができます。

遠い場所にあるAirTagを探す場合、iPhoneの「探す」アプリを開いて「持ち物を探す」を選択します。なくしたものまでの距離が表示されるので、iPhoneを片手に進んでいくと正しい方向へ導いてくれます。

AirTagを取り付けたものを屋外でなくした場合、その場所を地図上で見つけることができます。

他の多くのiPhoneユーザーとBluetoothとのネットワークを利用して、自分のAirTagの位置を特定することができます。位置情報を経由した他の人のiPhoneには、情報が残らないのでプライバシー保護についても安心です。

Tile

TileがBluetoothの接続範囲にあれば、アプリからTileを鳴らして見つけることができます。

逆にスマートフォンがどこにあるか分からないときは、近くにあるTileのボタンを2回押すことでスマートフォンを鳴らすことができます。

Tileとスマートフォンの距離が離れて通信が途切れると、最後に検知した場所を記録してくれます。なくしたものがどの辺にあるか予測できます。

なくしたものが最後に検知した場所から移動していても、他のTileユーザーが近づくと自分のアプリに位置情報が届きます。他のユーザーからの通知はクラウド経由なので、個人情報が知られる心配はありません。

他のユーザーだけでなく、主要都市の約20,000台のタクシーがTileアクセスポイントになっています。探しものの近くを通ったタクシーがTileの電波を拾うと、スマートフォンに位置情報が通知されます。

バッテリー

バッテリーについては残量の確認方法に違いがあります。

AirTag

バッテリーは1年以上使えます。交換の時期が近づくと、iPhoneに通知が来るので確認することができます。

f:id:dietblogMY:20211212102157p:plain

電池は市販のもので簡単に交換可能です。

Tile

バッテリーは約3年間持ちます。Tile proのみ電池交換可能です。

AirTagとTileはどんな人におすすめ?

AirTagとTileについて解説しましたが、それぞれどんな人におすすめなのかまとめてみました。

AirTagがおすすめな人

AirTagはリアルタイムで紛失したものがどこにあるか探したい人におすすめです。

自分の持ち物の置き場所が気になる心配性の人は、すぐに確認できます。

Tileがおすすめな人

Tileはスマートフォンをよくなくしたり置き忘れたりする人におすすめです。

「スマホがない!」と慌てたことがある人は多いのではないでしょうか。Tileを押すだけでスマートフォンの音を鳴らすことができるのは大きなメリットです。

まとめ

AirTagとTileについて特徴とメリット・デメリットについて紹介しました。

紛失防止タグを利用することで、大切なものをなくしてしまっても探すことができるのは安心感がありますね。

AirTag かTileかどちらを購入するか悩んでいる人は、どちらが自分に合っているか今回の記事を参考にしてみてください。

こちらの記事では、AirTagとMAMORIOの比較や、おすすめのスマートタグについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました