AppleWatchのマナーモード設定方法を解説!振動しないときの対処法も紹介!

AppleWatchのマナーモード設定方法を解説!振動しないときの対処法も紹介! ガジェット
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

Apple Watchはアップル社が開発したスマートウォッチです。iPhoneとペアリングすることで、様々な機能を使用できます。

腕時計型デバイスであるApple Watchを身に着けていれば、iPhoneへの通知もほぼApple Watchで受け取れます。

iPhoneがカバンの中に入っていても、Apple Watchで着信を確認できるため便利です。

ただ電車の中など、着信音を鳴らすことで周囲に迷惑をかける場面では、着信音はオフにしたいですよね。

実はApple Watchにはスマホなどと同様、マナーモード機能が搭載されています。

そこでこの記事では、Apple Watchをマナーモードに設定する方法を解説します。加えて活用方法や振動しないときの対処法などもお伝えします。

Apple Watchでもマナーモードを上手に活用していきましょう。

著者:ガジェットフルビルド

ガジェットフルビルド

毎月ガジェットを購入するガジェット好き。人生をワクワクさせてくれるガジェットや、愛用のガジェット自慢を各種SNSで発信中。

Apple Watchのマナーモードとは

Apple Watchのマナーモードとは、Apple公式で「消音モード」と表記されている機能のことです。

初期設定のApple Watchは、着信音や通知音が鳴るように設定されています。

そのため電車の中や会議中などAppleWatchから音を出せない場面で困りますよね。

しかしApple Watchをマナーモード設定すれば、ペアリングしているiPhoneへの着信音や通知音、充電時、スクリーンショット撮影時も音が鳴りません。振動や無音で伝えてくれます。スマホなどと同様の使い方が可能です。

AppleWatchをマナーモード設定すれば、音を出せない場面でも安心して身に着けられます。

ただApple Watchのマナーモードは、iPhoneと連携していません。iPhoneがマナーモードになっていても、Apple Watchはマナーモードにならないため個別に設定が必要です。

Apple Watchをマナーモードに設定する方法

Apple Watchにもマナーモードが搭載されているとわかれば、設定方法を知りたいですよね。

Apple Watchをマナーモードに設定する方法は、以下の通りです。

Apple Watchをマナーモードに設定する方法

  • Apple Watchから設定する
  • iPhoneから設定する

どちらの方法も簡単です。これから1つずつ詳しく解説するので、自分に合った方法から設定してください。

Apple Watchから設定する

まずはApple Watch本体から、マナーモードを設定する方法を解説します。

Apple Watchから設定する方法は、2つあります。

Apple Watchから設定する方法

  • 「コントロールセンター」から設定する
  • 「設定画面」から設定する

1つずつ解説するので、設定しやすい方法からマナーモード設定を行ってください。

「コントロールセンター」から設定する

こちらは一番簡単にマナーモード設定できる方法です。通知音のオン・オフも手間をかけず切り替えできます。

「コントロールセンター」から設定する方法

  1. Apple Watchの文字盤画面を開く
  2. 上へスワイプし「コントロールセンター」を表示する
  3. 鈴のアイコンをタップする
  4. ※鈴のアイコンに斜線が入り、ピンク色状態になれば、マナーモードを設定できています。

こちらの設定方法は、マナーモードに変更するのみです。

通知音の音量調節などはできません。

通知音量も合わせて調節したい場合は、「設定画面」からマナーモード設定をしましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのコントロールセンターについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

「設定画面」から設定する

ここでは「設定画面」からマナーモードを設定する方法を紹介します。

「設定画面」から設定する方法

  1. Apple Watchの「設定」アプリをタップする
  2. 「サウンドと触覚」をタップする
  3. 「消音モード」をオンにする

「消音モード」の上にある、マイクアイコン部分で音量の設定も可能です。

左へバーを動かせば通知音は小さくなり、右へ動かせば大きくなります。

iPhoneから設定する

続いてiPhoneからApple Watchのマナーモードを設定する方法について、解説します。

iPhoneの場合「Watch」アプリから設定できます。

iPhoneから設定する方法

  1. 「Watch」アプリをタップする
  2. 「サウンドと触覚」をタップする
  3. 「消音モード」をオンにする

iPhoneではApple Watchの「設定画面」から設定する方法と同じように、音量調整も可能ですよ。

こちらも消音モードの上部にあるマイクアイコン部分から、音量調整できます。

Apple Watchマナーモードの活用方法

Apple Watchのマナーモードは、必要に応じて利用できる設定もあります。

ここからはApple Watchのマナーモードを、活用する方法について紹介します。

触覚を「はっきり」にする

Apple Watchはマナーモードになっている場合、振動で着信などを通知します。

デフォルトの振動で心配なときは、触覚を「はっきり」にしておくと安心です。

Apple Watchは腕時計なので身に着けているときは、肌に密着しています。

そのためデフォルトの振動でも、十分通知に気づくことは可能です。

ただ「はっきり」をオンにすれば、先立ってわかりやすく振動してくれます。

デフォルトの振動ではわかりにくいと感じる場合や、重要な連絡が入る場合などにも便利です。

カバーで消音

マナーモードを設定する方法で紹介した設定画面の「サウンドと触覚」内に「カバーして消音」といった項目があります。

「カバーして消音」をオンにしておけば、マナーモードの設定し忘れたときも安心です。

不意に着信が鳴った場合も、Apple Watchを手などで3秒以上覆うと消音になります。

ただ通知がない場合に手でApple Watchを覆っても、マナーモードにはならないため注意しましょう。

アラーム音

Apple Watchをマナーモードにしているとき、アラーム音は鳴りません。振動のみです。

そのため家族と寝ていて、自分だけ早起きしなければいけない場面などでも役立ちます。

自分にだけ通知が来るため、アラーム音で家族を起こす心配もありません。

またアラーム音を鳴らしたいときは、マナーモードをオフにしましょう。

Apple Watchのマナーモードとアラームは連動しています。

マナーモードをオフにすることで、アラーム音を鳴らせます。

Apple Watchが振動しないときの対処法

Apple Watchはマナーモード時、振動して通知をしてくれます。

しかし振動しないトラブルが発生するときもあります。

ここではメールなどが来ているにもかかわらず、Apple Watchが振動しないときの対処法を2つ紹介します。

通知の設定を確認する

通知の設定は自分に覚えがなくても、ソフトウェアの更新や再起動など、なにかの拍子で変わってしまった可能性があります。

そのためApple Watchの設定はもちろん、iPhoneの設定も確認しましょう。

Apple Watchの設定を確認する

まずはApple Watchの設定を確認する方法です。

Apple Watchの設定を確認する方法

  1. 「設定」アプリをタップする
  2. 「サウンドと触覚」をタップする
  3. 触覚による通知がオンになっていることを確認する
  4. ※触覚による通知がオフになっている場合は、オンにしてください。

Apple Watch側がオフになっている場合、オンにすることで通知は来るようになります。

ただオンになっている状態で通知が来ない場合は、ほかに原因があります。

次の方法を確認しましょう。

iPhoneの設定を確認する

続いてiPhoneの通知設定を確認する方法を紹介します。

Apple Watchの通知設定で問題がないようであれば、こちらを確認してください。

なにかの手違いで、iPhoneの通知設定がオフになっている場合もあります。

Apple Watchの通知設定は、iPhoneの「Watch」アプリでアプリごとに管理が可能です。

アプリによって通知が来ない場合は、iPhone側の問題も考えられます。

iPhoneの設定を確認する方法

  1. 「Watch」アプリをタップする
  2. 「マイウォッチ」をタップする
  3. 通知をタップする
  4. アプリ一覧で「通知を表示したいアプリ」をタップする
  5. 「iPhoneを反映」または「カスタム」をタップする
  6. 「通知を許可」をタップする

iPhone側を確認してオンにすれば、アプリの通知も受け取れます。

iPhoneの通知設定もすべてオンになっている場合は、再起動がおすすめです。

再起動の方法は後述しますので、ご覧ください。

再起動する

Apple WatchやiPhoneの設定に問題がないようであれば、一度再起動してみましょう。

Apple Watchのサイドボタンを長押しし、「電源オフ」をスライドすれば、電源を切ることができます。

電源が切れたら、再度Apple WatchのサイドボタンをAppleのロゴが表示されるまで長押しします。

通常はこちらの方法で再起動が可能です。(2分程度かかる場合もあります)。

再起動が終わったら、アラームやほかのデバイスから連絡するなど通知状況を確認しましょう。

無事に通知が来るようであれば、問題解決です。

まとめ

Apple Watchのマナーモードは、スマホなどと同様の使い方ができます。

そのため会議中など着信音を鳴らせないシーンでも安心して、Apple Watchを身に着けられます。

様々なシーンに合わせて活躍する機能も搭載されているため、自分に合う方法で活用していきましょう。

こちらの記事では、Apple Watch SEを実際に使ったレビューや、Apple WatchのおすすめアクセサリApple Watchの赤い点についてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました