Apple Watchのワークアウトの使い方を紹介!使い方や設定方法も解説!

Apple Watchのワークアウトの使い方を紹介!使い方や設定方法も解説! ガジェット

Apple Watchのワークアウトは、日頃から運動する方や健康維持したいと考えている方に役立つアプリです。

運動した分のデータを記録・可視化できるため、トレーニングするときなどにも活躍します。

ただワークアウトアプリを使っていても、「使い方が合っているかわからない」や「基本的な使い方しかわからない」といった部分もありますよね。

そこでこの記事では、Apple Watchのワークアウトアプリについて、詳しい使い方を紹介します。

さらにワークアウトアプリを使っている間に消耗してしまう、Apple Watchのバッテリー節約方法など便利な応用機能も解説します。

ワークアウトアプリを使いこなし、運動やトレーニングの効率アップに役立てていきましょう。

Apple Watchのワークアウトとは

apple watch ワークアウト

Apple Watchのワークアウトとは、運動を行うときに運動時間や距離など、データを記録できるアプリです。

記録できるデータ内容は選択したワークアウトによって異なりますが、ほぼ以下の通りです。

ワークアウトアプリで記録できるデータ内容

  • 運動時間
  • 距離
  • 消費カロリー
  • 高度
  • 平均心拍数
  • 平均ペース
  • マップ

ワークアウトアプリで記録する運動データは、アクティビティアプリと共有されます。

そのためアクティビティアプリのムーブや、エクササイズの目標にも反映されます。

ただGPSが上手く機能しない場合(屋内スイミングなど)、正確な距離は記録されません。

また水中では、心拍数も正確に計測できません。各種の数値は参考程度に確認しましょう。

Apple Watchのワークアウトの使い方

ここからはApple Watchのワークアウトアプリについて、使い方を紹介します。

Apple Watchだけで簡単に記録を取れるため、日々の運動やトレーニングにも張りが出ます。

ワークアウトアプリを、上手に取り入れていきましょう。

ワークアウトを開始する

apple watch ワークアウト

ワークアウトアプリの開始方法は、簡単です。Apple Watch単体で操作できます。

またワークアウトアプリを使い始める前に、アクティビティアプリのセットアップと、iPhoneのヘルスケア画面から生年月日や体重、身長などの基本情報を入力しておきましょう。

Apple Watchでワークアウトアプリを開始する方法

  1. ワークアウトアプリを開く
  2. 表示されるメニューをスクロールし、取り組みたいワークアウトを選び、タップする
  3. 「開始」をタップする
  4. カウントダウンが始まり、データ記録が開始される

ワークアウトアプリで計測している間は画面に、経過時間や心拍数などのデータが表示されます。

ワークアウトを中断する

apple watch ワークアウト

運動を行っているときに休憩する場合などは、ワークアウトアプリも中断したいですよね。

ワークアウトアプリを起動したままの場合、休憩中など運動を中断している間もデータを記録されてしまいます。

できる限り正確なデータを取りたい場合は、休憩など運動を中断するタイミングで、ワークアウトアプリも中断しましょう。

ワークアウトアプリを中断するときは、以下の方法で行います。

ワークアウトアプリを中断する方法

  1. Apple Watchの画面を強く押す、または左から右へスワイプする
  2. 「一時停止」をタップする

ワークアウトアプリを中断後、再開したいときは同じ画面の「再開」をタップしましょう。データの記録も再開されます。

ワークアウトを終了する

apple watch ワークアウト 終了

運動を終えたらワークアウトアプリも、終了させる必要があります。

ワークアウトアプリを終了する方法は、以下の通りです。

ワークアウトアプリを終了する方法

  1. Apple Watchの画面を左から右へスワイプする
  2. 「終了」をタップする
  3. 成果が表示されるため、スクロールする
  4. 画面の一番下に表示される「完了」をタップする

「完了」をタップした後は最初の画面に戻りますが、運動した記録は保存されています。

Apple Watchのワークアウトで目標を設定する

apple watch ワークアウト 目標
apple watch ワークアウト 目標
apple watch ワークアウト 目標

Apple Watchのワークアウトアプリでは、「今日は20分歩く」や「200kcal消費する」など、運動するときの目標も設定できます。

さらに目標への途中経過や達成についても、通知で知らせてくれます。

以下はワークアウトアプリで、目標を設定する方法です。

ワークアウトアプリで目標を設定する方法

  1. ワークアウトアプリを開く
  2. メニューをスクロールし、取り組みたいワークアウトを選ぶ
  3. 右上の「…」をタップする
  4. 目標設定をする項目が表示される
  5. 「フリー」「カロリー」「距離」「時間」から、目標にしたい項目を選び、タップする
  6. 「+」または「-」ボタンで目標値を設定する
  7. 「開始」をタップする

運動中はワークアウトアプリにて、途中経過も確認できます。

目標到達時には通知が表示されるため、達成感も味わえます。

Apple Watchのワークアウトでは「その他」も設定できる

apple watch ワークアウト その他

Apple Watchのワークアウトアプリには、様々な種目が用意されています。「ウォーキング」や「水泳」など、2022年9月現在で80種類ほどあります。

ただすべての運動種目を用意できているわけでもありません。

ワークアウトアプリに該当する種目がない場合は、「その他」から登録可能です。

その他の場合はセンサーが読み取る値をもとに、消費エネルギーを算出します。

もしセンサーが読み取れない場合は、早歩き程度の運動量に相当する消費エネルギーが加算される仕組みとなっています。

ワークアウトアプリに用意されていない、運動を行う際の方法は以下の通りです。

ワークアウトアプリで「その他」を選び登録する方法

  1. ワークアウトアプリを開く
  2. 表示されるメニューをスクロールし、「その他」をタップする
  3. 「開始」をタップする
  4. 運動を終えた後は、Apple Watchの画面を右へスワイプし、「終了」をタップする

ワークアウト名をタップすれば、似た種目から名前もつけられます。

種目名をスクロールし、選んでタップすると「その他:選んだ種目名」にて保存されます。

Apple Watchのワークアウト中にバッテリーを節約する

apple watch ワークアウト 低電力モード

Apple Watchのワークアウトアプリは、バッテリーを消耗します。

ワークアウトアプリを使って運動している途中で、Apple Watchのバッテリーが切れてしまうと困りますよね。

そのようなときはiPhoneから「省電力モード」を設定すれば、Apple Watchのバッテリーも節約できます。

iPhoneからワークアウトアプリを、省電力モードへする方法は以下の通りです。

ワークアウトアプリを省電力モードに設定する方法

  1. ペアリングしているiPhoneの「Watchアプリ」を開く
  2. 「ワークアウト」をタップする
  3. 「省電力モード」をオンにする

省電力モードが緑色に変化すれば、オン状態となっています。

省電力モードがオンになることで心拍センサーも停止され、バッテリーを節約できます。

ただ消費カロリーの計算精度が低くなる場合もあるため、注意が必要です。

iPhoneでワークアウトの履歴を確認する

apple watch ワークアウト 履歴

Apple WatchとペアリングされているiPhoneでは、ワークアウトの履歴を確認できます。

これまでの成果をもとにして、今後の運動量について計画を立てることも可能です。

様々な活用方法があるワークアウトの履歴を確認する方法は、以下の通りです。

ワークアウトの履歴を確認する方法

  1. ペアリングしているiPhoneの「アクティビティアプリ」を開く
  2. 左下の「履歴」をタップする
  3. カレンダーから確認したい日付を選び、タップする
  4. 「ワークアウト」をタップする

「消費カロリー」や「距離」など、ワークアウトの詳細な結果が表示されます。

画面をスクロールすると、「マップ」や当日の天気も確認可能です。

「マップ」をタップすると、経路が拡大表示されます。経路や移動速度が色分けされているため、今後の参考にしやすいですよ。

こちらの記事では、Aplle Watchのアクティビティについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

まとめ

Apple Watchのワークアウトアプリは、普段から運動している方にはもちろん、運動したいと思っている方にも使いやすいアプリです。

体調に合わせて目標を設定し、データも可視化できるため、普段の生活に取り入れやすいところも魅力です。

Apple Watchのワークアウトアプリを上手に使って、健康な体作りに取り組んでいきましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのメリットや、Apple Watch SEを実際に使ったレビューApple Watchにおすすめの画面保護フィルムについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました