Apple Watchで音楽を再生する方法を紹介!注意点についても解説!

apple watch 音楽 ガジェット
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

ペアリングしたiPhoneのメッセージ確認や電話などもできる、Apple Watch。

iPhoneをより便利に使用できるApple Watchでは、好きな音楽も楽しめます。

iPhoneをポケットやカバンから取り出し、操作する必要もありません。

Apple Watchを操作するだけで、好きな音楽をいつでも堪能できます。

またiPhoneを忘れたときやジョギング中など、iPhoneが側にない場合も利用できるため便利です。

ただApple Watchで音楽を楽しむための操作方法について、「詳しくない」「再生やスキップなどしかわからない」という方も多いですよね。

そこでこの記事ではApple Watchで音楽を再生する方法や、注意点について、詳しく解説します。

iPhoneが手元に出せないときや離れた場所にあるときも、Apple Watchで手軽に音楽を楽しみましょう。

著者:ガジェットフルビルド

ガジェットフルビルド

毎月ガジェットを購入するガジェット好き。人生をワクワクさせてくれるガジェットや、愛用のガジェット自慢を各種SNSで発信中。

Apple Watchは音楽も楽しめる

Apple WatchではiPhoneへの電話やメールなどの通知だけではなく、音楽も楽しめます。

iPhoneをポケットやカバンから出す必要もありません。

そのため満員電車の中など、身動きが取りにくい状況でも手元のApple Watchを操作するだけで音楽が聴けます。

ただApple Watchで音楽を楽しむときは、別途Bluetoothイヤホンやヘッドホン、スピーカーが必要です。イヤホンジャックが搭載されていないためです。

またApple Watchにはスピーカーが搭載されていますが、音楽再生できる機能は備わっていません。

Apple Watch本体から「音」は出ないため、注意しましょう。

Apple Watchで音楽を再生する方法

Apple Watchで音楽を再生する方法は、大きく分けて2つあります。

Apple Watchで音楽を再生する方法

  • Apple WatchからiPhone上の音楽を再生する
  • Apple Watch単体で再生できる音楽アプリを使う

ここからApple Watchで音楽を再生する方法を、1つずつ詳しく解説していきます。

Apple Watchで音楽を楽しみたい環境や状況に合わせて、上手に使い分けましょう。

Apple WatchからiPhone上の音楽を再生する

iPhoneとペアリングしているApple Watchを操作して、iPhone上の音楽を再生できます。

Apple Watchの操作方法は以下の2通りです。

Apple Watchを操作してiPhone上の音楽を再生する方法

  • 「再生中」アプリを利用する
  • Apple Watch用音楽アプリを利用する

どちらもiPhoneが近くにある場合に使える方法です。

遠隔操作などではなくApple Watchを、iPhoneのリモコンとして使用するイメージです。

「再生中」アプリでiPhone上の音楽を再生する

まずはApple Watchに始めからインストールされている「再生中」アプリを使用し、音楽を再生する方法を紹介します。

一番手軽にApple Watchで、音楽を楽しめる方法です。

iPhoneに保存されている音楽を再生するため、別途Apple Watchに音楽アプリをインストールする必要もありません。

ペアリングしているiPhoneで再生できる音楽や動画を、すべて表示できます。

ただ操作できる機能は限られています。

Apple Watchで操作できる範囲は、以下の通りです。

Apple Watchで操作できる範囲

  • 再生
  • 提示
  • 曲戻し、曲送り
  • 音量操作
  • ライブラリへの追加
  • Bluetoothなど再生デバイスの管理
  • アルバム内の曲選択

iPhoneとペアリングしていれば、自動でApple Watchへ表示される設定になっています。

iPhone上の音楽を再生したいのみであれば、こちらの方法が便利ですよ。

ただプレイリスト選択や曲選択など、様々な機能を使いたい方は、ほかの方法を利用しましょう。

Apple Watch用音楽アプリからiPhone上の音楽を再生する

Apple Watch用の音楽アプリを使用し、iPhoneを操作することも可能です。

アーティスト選択などiPhone上で操作できる様々な機能を使用したいときは、Apple Watch用音楽アプリの利用をおすすめします。

Apple Watch用音楽アプリは以下の通りです。

Apple Watch用音楽アプリ

  • Apple Music
  • Amazon Music
  • Spotify
  • YouTube Music
  • AWA

LINE MusicはApple Watch用アプリがありません。

Apple WatchからiPhoneを操作して音楽を楽しみたい場合は、こちら5つのアプリから選びましょう。

Apple Watch単体で再生する方法

続いてApple Watch単体で再生できする方法を紹介します。

iPhoneをバッグやポケットから取り出さず、Apple Watchだけで音楽を楽しめます。

Apple Watch単体で再生する方法は以下の通りです。

Apple Watch単体で再生する方法

  • オンライン再生
  • オフライン再生

ネットワークに接続できる環境によって、再生方法を選べます。

音楽を聴きたい環境や状況に合わせて、上手に利用しましょう。

オンライン再生

Apple WatchがWi-Fiに接続できる環境、またはセルラーモデルであれば、オンライン再生も可能です。

ただ対応している音楽アプリは、以下の有料プランのみです。

オンライン再生に対応している音楽アプリ

  • Apple Music
  • Amazon Music
  • Spotify
  • YouTube Music
  • AWA
  • ※Amazon Musicはプライム会員向けの「Prime Music」、または「Amazon Music Unlimited」、どちらでも利用できます。

Apple Watch用音楽アプリと同じですね。普段使用している音楽アプリの有料プランが対応している、と考えれば間違いありません。

そしてオンライン再生するためにはアプリをインストール後、Apple Watch側で簡単な切り替え設定が必要です。

切り替え方法はアプリによって異なります。

ここではSpotifyの切り替え方法を紹介します。

Spotifyの切り替え方法

  1. Spotifyのアプリを開く
  2. 右下に表示されている、デバイスアイコンをタップする
  3. 表示される「選択可能なデバイス一覧」からApple Watchをタップする

Apple Musicでも同じような手順で、切り替えできます。

切り替えも簡単にできるため、オンライン再生ができる環境でぜひお試しください。

オフライン再生

事前にApple WatchとiPhone間で、音楽を同期しておけばオフライン再生も可能です。

iPhoneが側にない場合や、GPSモデルを使っている場合もApple Watch単体で再生できます。

ただ利用できる音楽アプリは、Apple MusicとSpotifyの有料会員のみです。

こちら2つ以外のアプリは同期できないため、オフライン再生ができません。

またCD音源などを取り込む方法もあります。

iTunesにCD音源を取り込み、iPhoneに追加すればサブスクの契約なども必要ありません。

ここからは、Apple Watchに音楽を同期する方法を紹介します。

Apple Watchに音楽を同期する方法

  1. iPhoneで「Watch」アプリを起動する
  2. 「ミュージック」をタップする
  3. 「ミュージックを追加」をタップし、好みのプレイリストなどを追加する
  4. ※追加できる楽曲はプレイリストやアルバムなどです。1曲ずつの追加はできません。

    ※同期できるタイミングは、Apple Watchの充電中のみです。

少し手間はかかりますが、事前に同期しておけばオフラインでもApple Watchのみで音楽を楽しめます。

Apple MusicやSpotifyの有料会員の方、CD音源を取り込んだ音楽を楽しみたい方におすすめです。

Apple Watchで音楽を聴くときの注意点

ここまでApple Watchで音楽を再生する方法を紹介しました。

ただApple Watchで音楽を聴くとき、注意点もあります。

ここでは以下、2つの注意点について紹介します。

Apple Watchで音楽を聴くときの注意点

  • Apple Watchに同期できる楽曲数は容量次第
  • Bluetoothイヤホンは接続切り替えが必要

注意点も1つずつ確認し、Apple Watchで快適に音楽を楽しみましょう。

Apple Watchに同期できる楽曲数は容量次第

Apple Watchに同期できる楽曲数は、限りがあります。

Apple Watchに残っている容量によって同期できる楽曲数も異なるため、注意しましょう。

お持ちのApple Watchに残っている容量は、以下の方法で確認できます。

Apple Watchに残っている容量を確認する方法

  1. Apple Watchの「設定」をタップする
  2. 「一般」をタップする
  3. 「情報」をタップする
  4. ※下にスクロールし「使用可能」に表示されている数字が、Apple Watchに残っている容量です。

1曲のデータ量にもよりますが、1GBで100曲ほど保存できます。

Bluetoothイヤホンは接続切り替えが必要

Apple Watchで音楽を聴く場合は、Apple WatchにBluetoothイヤホンを接続する必要があります。

そのためiPhoneに接続しているBluetoothイヤホンを利用したい場合、手動で切り替えが必要です。

Bluetoothイヤホンを切り替える方法は、以下の通りです。

Bluetoothイヤホンを切り替える方法

  1. iPhoneとBluetoothイヤホンの接続を切る
  2. Apple Watchの「設定」をタップする
  3. Bluetoothをタップする
  4. 画面に表示されているデバイスから、接続したいBluetoothイヤホンをタップする

ただAirPodsだけは例外です。接続の切り替えを手間に感じる方には、AirPodsがおすすめです。

AirPodsはiPhoneとApple Watch、同時の接続が可能です。

iPhoneとApple Watchのどちらで音楽を再生しても、切り替え作業も必要ありません。

Appleデバイスならではの特徴です。

まとめ

Apple Watchは音楽も楽しめる、腕時計型デバイスです。

音楽を聴きたいとき、Apple Watchがあれば、わざわざiPhoneを取り出す必要もありません。

状況や環境に合わせて、いつでもどこでもApple Watchを活用して好きな音楽を堪能しましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのおすすめ充電器や、Apple WatchのメリットApple Watch SEを実際に使ったレビューについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました