Apple Watch用の充電器おすすめ10選!製品の特徴や選び方なども解説!

ガジェット

Apple WatchはiPhoneとペアリングすることで、手元から通知や時間を確認できる便利なアイテムです。

聞いている音楽の操作や、メッセージへの返答など、スマホを介さずできることの幅も広いです。

利便性が高いApple Watchも電子機器のため、定期的に充電をする必要があります。

できれば充電環境もこだわりたいですが、Apple Watchの充電器は様々なモデルが販売されています。

種類が多いと、どのモデルが自分に合うかわからず、迷って購入できないこともありますよね。

そこでこの記事では、Apple Watchの充電器おすすめ10選を紹介します。

また特徴や注意点、選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

種類も豊富なApple Watch充電器から、お気に入りを見つけていきましょう。

Apple Watchの充電器とは

Apple Watchの充電器とは、Apple Watch専用である非接触型充電器のことをいいます。

Apple公式サイトでは充電ケーブルや、充電スタンド、充電ドック、などといわれています。

ここからはApple Watch専用の充電器について、特徴や注意点を確認していきましょう。

Apple Watch充電器の特徴

Apple Watchの充電器は非接触型の充電器です。マグネットで密着させて充電します。

そのためライトニングケーブルは不要です。

また過去に発売されたモデルから最新モデルなど、すべてのモデルで充電できます。

充電速度などに変化はありますが、充電できないということはありません。

Apple Watchの注意点

Apple Watchの充電器は非接触型ですが、ワイヤレス充電規格である「Qi(チー)」には対応していません。

そのためMag Safeなどワイヤレス充電器を使っても、Apple Watchは充電できません。

Apple Watchを充電するには、専用の充電規格に対応している必要があります。

充電器を選ぶ際は、十分に注意しましょう。

Apple Watch充電器の選び方

ここからはApple Watch充電器の選び方を解説します。

様々な視点から確認し、自分に合うモデルを選びましょう。

種類で選ぶ

Apple Watch充電器には、4つの種類があります。

1つずつ確認していきましょう。

ケーブルタイプ

ケーブルタイプ

ケーブルタイプはApple Watch購入時に、付属されているモデルと同じタイプです。

ケーブルの先にApple Watchの背面に吸着する、丸形の磁気パッドがあります。

電源アダプターやモバイルバッテリーなどに、USBコネクタを挿して充電します。

ほかのモデルよりリーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方におすすめです。

スタンドタイプ

Hacoa Apple Watch Charging Dock-Stand

引用:Hacoa公式サイト

スタンドタイプはApple Watchを縦置きや横置きなど、立てかけて使用するタイプです。

文字盤がこちらへ向くため、ベッドサイドへ置くことで、置時計として使うこともできます。

中にはiPhoneやAir Podsなどを、同時に充電できるモデルもあります。

デザイン性が豊かなため、デザインを重視したい方におすすめです。

USB直差しタイプ

f:id:dietblogMY:20220312104447j:plain

引用:amazon

USB直挿しタイプは、片側に搭載されているUSBコネクタをパソコンやモバイルバッテリーに直接挿して充電するタイプです。

USB-Cタイプを採用しているモデルであれば、iPadやMacBookからも充電できます。

ケーブルがないため、コンパクトで持ち運びにも最適です。

PC周りをすっきりさせたい方におすすめです。

モバイルバッテリータイプ

f:id:dietblogMY:20220306104132p:plain

モバイルバッテリータイプは、モバイルバッテリーにワイヤレス充電できる面が備わっているタイプです。

またほかにUSBポートを搭載していれば、iPhoneやAir Podsなども同時に充電できます。

元よりモバイルバッテリーが持ち運びに優れているアイテムなため、旅行や出張が多い方におすすめです。

急速充電対応かで選ぶ

Apple WatchのSeries7は急速充電に対応しています。

日常のApple Watchを外すタイミングで、さくっと充電できるとうれしいですよね。

Series7の急速充電には「Apple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブル」と「5W以上のUSB-Cアダプター」が必要です。

「Apple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブル」は、Apple Watch Series7を購入時に付属されています。

ただ「5W以上のUSB-Cアダプター」などの充電器は、自分で用意する必要があります。

そのため急速充電をしたい場合は、急速充電に対応している充電器から選びましょう。

こちらの記事では、おすすめの急速充電器についてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

MFi認証を取得しているかで選ぶ

Apple Watchの充電器はMFi認証を受けているモデルから選ぶと安心です。

MFi認証とはApple社の基準をクリアし、正式に認定を受けている証のことです。

そのため純正品とは異なりますが、正常に使用できます。

一方、MFi認証がない充電器の場合は、正常に充電ができなかったり、充電と停止を繰り返したりして、不安定なこともあります。

またOSのアップデートで使えなくなる可能性もあるため、注意が必要です。

おすすめのApple Watch用充電器10選

ここからは、Apple Watch用の充電器おすすめ10選を紹介します。

タイプ別に紹介するので、自分に合うタイプを確認していきましょう。

ケーブルタイプのApple Watch用充電器

まずはApple Watch購入時に付属されているモデルと同じように使える、ケーブルタイプです。

Apple Watch 磁気充電ケーブル

Apple社の純正品です。

そのため安心して使用できます。

USBケーブルの先にある丸い形をした磁気パッドと、Apple Watchの背面を近づければ、自動的にぴったり合わさり充電を開始します。

マグネット式なので、ずれる心配もありません。

ただこちらのモデルは、Apple Watch Series7の急速充電には対応していないため、Series7以外をお使いの方におすすめです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,587 (2022/09/26 18:01:59時点 Amazon調べ-詳細)

エレコム AppleWatch 充電ケーブル

ケーブルは短めの23cmとコンパクトサイズのため、携行性も抜群です。

バンドを取りつけたまま充電できるため、PC周りをすっきりさせたい方におすすめです。

ケーブルとUSB-Aタイプのコネクタは手動で本体へ、巻きつけ収納できます。

またSeries7の急速充電には非対応のため、通常の速度で充電します。

MFi認証済みのため、安心です。

スタンドタイプのApple Watch用充電器

次にスタンドタイプを紹介します。スマホやイヤホンなど、同時に充電できるところも魅力です。

Belkin Apple Watch用ポータブル高速充電器

サイズがコンパクトで、持ち運びも楽々です。

ナイトスタンドモードに対応しているため、置時計としても使用できます。

そのため寝室へ置いても便利です。

新開発のマグネット式、急速充電モジュールを採用しており、Series7のバッテリーを0~80%まで、約45分にて充電できます。

MFi認証のあるモデルなので、安心して使用できます。

Belkin ワイヤレス 充電器 MagSafe認証品

iPhoneとAir Pods用のワイヤレス充電器に、Apple Watchの充電器を備えています。3台同時に充電できます。

スタイリッシュなデザインで、どのような部屋にも馴染みやすいです。

急速充電はMag Safeのみ対応となっており、Series7へは通常の速度で充電します。

ただMFi認証を受けているモデルなので、純正品に比べても充電速度に問題はありません。

Hacoa Apple Watch Charging Dock-Stand

Hacoa Apple Watch Charging Dock-Stand

引用:Hacoa公式サイト

Hacoaは木製デザイン雑貨のブランドです。木製のiPhoneケースやAirTagケースなども発売しています。

Hacoaのアップルウォッチ用充電スタンドは、木製のおしゃれな充電スタンドです。

機械感が少ないため、おしゃれで落ち着いた雰囲気で充電をできます。部屋の雰囲気をおしゃれな雰囲気で統一したい方はこちらの充電器がおすすめです。

Anker PowerWave+ 3-in-1 Stand with Watch Holder

パッド型、スタンド型のワイヤレス充電器と、Apple Watchホルダーが1台にまとまっています。

デスク上をすっきりさせたい方におすすめです。

またApple Watchホルダーは純正のApple Watch磁気充電 USB-Aケーブル(1m)にのみ対応しています。

純正品を含め、ほかのApple Watch充電ケーブルは非対応です。

Series7への急速充電は非対応で、通常の速度で充電します。

直挿しタイプのApple Watch用充電器

続いてPC作業中に充電できる、直挿しタイプを紹介します。

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watch

コンパクトサイズで軽量のため、持ち運びにも最適です。

USB-Cタイプのコネクタを搭載しており、iPadやMacBookからも充電できます。

アルミニウム合金を使用したメタリックデザインで、Apple Watchにも馴染みやすいです。

Series7の急速充電には対応していません。通常の充電速度で行います。

ただMFi認証があるモデルのため、安心して使用できます。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

コンパクトサイズで、携行性も抜群です。

USB-Cタイプのコネクタを搭載しています。iPadやMacBookからも充電可能です。

Series7への急速充電には対応していません。

しかしMFi認証を受けているため、純正品と比べても問題ない速度で充電できます。

モバイルバッテリータイプのApple Watch用充電器

最後は、持ち運びに便利なモバイルバッテリータイプを紹介します。

iWALK Apple Watch充電器 モバイルバッテリー

片手に収まるほどのコンパクトサイズで、持ち運びも楽々です。

Apple Watchを最大で約20回充電できます。

モバイルバッテリー本体を充電しながら、Apple Watchを充電できるパススルー充電に対応しています。

そのため両方のバッテリーが少ない場合も安心です。

Series7への急速充電には対応していません。充電は通常の速度で行われます。

こちらの記事では、AppleWatch用のおすすめモバイルバッテリーについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

Belkin Apple Watch用 モバイルバッテリー

コンパクトサイズで軽量なため、持ち運びにも最適です。

バッグやポケットへ入れていても、かさばりません。

最大で約3.5回分の充電が可能です。

ナイトモードにも対応しています。寝るときにApple Watchを置時計として利用もできます。

Series7への急速充電には対応していません。

ただMFi認証を受けているため、充電速度に問題はありません。

まとめ

Apple Watchの充電器は、種類も様々です。

迷うこともあると思いますが、用途や好みに合わせて選びましょう。

紹介した選び方を参考に、お気に入りの1台を見つけてくださいね。

こちらの記事では、Apple WatchのおすすめアクセサリおすすめのApple Watch用バンドApple Watch用保護フィルムについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました