iPhoneのデータ移行方法を紹介!クイックスタート方法やその他の方法も解説!

iPhoneのデータ移行方法を紹介!クイックスタート方法やその他の方法も解説! Uncategorized
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

iPhoneを新しく買い替えたとき、意外と手間取る作業がデータ移行です。

新作を楽しみにしながらもデータ移行が面倒で、機種変更をためらう場合もありますよね。

実はiPhone12.4以降の機種に対応している、クイックスタートを利用すればデータ移行も簡単にできます。

ただデータ移行が簡単にできるクイックスタートも、「方法がわからない」や「失敗するかも」など、不安な部分はありますよね。

そこでこの記事ではクイックスタートを利用したデータ移行の方法や注意点について、紹介します。

またiCloudやiTunesを利用しデータ移行する方法も、お伝えします。

クイックスタートを利用し億劫になりがちなiPhoneのデータ移行も、気軽に行っていきましょう。

iPhoneのデータ移行が簡単にできるクイックスタート方法

iPhoneを機種変更する際、大変な作業がデータ移行ですよね。

しかしiPhoneのデータ移行は、クイックスタートを使えば簡単です。

クイックスタートは旧iPhoneと新iPhoneのみで、利用可能です。

PCなどほかのデバイスも必要ないため、データ移行も手軽に行えます。

データ移行が簡単にできるクイックスタートの方法

  1. 旧iPhoneのBluetoothをオンにする
  2. 新iPhoneの電源を入れ、Bluetoothをオンにする
  3. 新iPhoneの言語と国の設定を行う
  4. 新iPhoneに「クイックスタート」の画像が表示される
  5. 旧iPhoneに「新しいiPhoneを設定」と表示されるため、「続ける」をタップする
  6. 旧iPhoneに表示されるカメラが起動する
  7. 新iPhoneに表示される画像を、旧iPhoneのカメラで読み取る
  8. しばらくすると旧端末に「新しいiPhoneの設定を完了」と表示される(すべての情報を転送しきれていないため、新iPhoneの近くに置いてください)
  9. 新iPhoneに「ほかのiPhoneのパスコードを入力」と表示されるため、旧iPhoneのパスコードを入力する
  10. 画面上の案内に沿って、Wi-FiネットワークやFace ID・Apple IDなどの設定を行う
  11. 新iPhoneに「データを転送」と表示されるため「iPhoneから転送」をタップする
  12. 「新しいiPhoneに設定を移行」と表示されたら、「続ける」をタップする
  13. データの転送が完了すると新iPhoneが再起動する
  14. 新iPhone側でアプリの再ダウンロードが自動的に開始される

データ移行している間はどちらのiPhoneも利用できません。

しばらく利用できなくても困らないタイミングで行いましょう。

また新iPhoneの初期設定を終えてしまった場合も、改めて初期化すればクイックスタートを利用したデータ移行が可能です。

iPhoneのデータ移行をクイックスタート以外で行う方法

クイックスタートはデータ移行を簡単に行える便利な機能です。

ただ新旧2台のiPhoneが揃っている必要があります。

旧iPhoneが故障した場合など手元にない場合は、クイックスタートは利用できません。

バックアップからデータを復元し、データ移行することとなります。

ここではバックアップからデータ移行する方法を、2つ紹介します。

iCloudを利用する方法

iCloudはiPhoneのデータを安全に保存してくれるサービスです。

iCloudへ保存されているiPhoneのデータをすべて新iPhoneへ復元すれば、データ移行できます。

iCloudへのバックアップは設定画面から簡単に行えるため、普段から行っておきましょう。

iCloudを利用してデータ移行する方法

  1. 新iPhoneの電源を入れる
  2. 新iPhoneの言語と国の設定を行う
  3. 新iPhoneに「クイックスタート」の画像が表示されたら、画面下の「手動で設定」をタップする
  4. 画面の案内に沿い、Wi-Fiの設定を行う
  5. アクティベートが完了したら画面の案内に沿って進め、パスコードを設定する
  6. 「APPとデータ」の画面で、「iCloudバックアップから復元」をタップする
  7. Apple IDとパスワードを入力し、復元したいバックアップデータをタップする

iCloudからの復元が開始されたら、完了までしばらく待ちましょう。

iTunesを利用する方法

iPhoneはPCからiTunesを利用した、データ移行も可能です。

PCをよく使用される方やiTunesでバックアップを取っている方には、こちらの方法もおすすめです。

iTunesを利用してデータ移行する方法

  1. 旧iPhoneをLightningケーブルで、PCと接続する
  2. 画面左上に表示されている、iPhoneのアイコンをクリックする
  3. 「概要」欄の「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れ、パスワードを設定する
  4. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを作成する
  5. バックアップが完了したら旧iPhoneを取り外し、新iPhoneとPCを接続する
  6. 「このバックアップから復元」からバックアップデータを選び、クリックする

iTunesでバックアップを作成するとき、「バックアップを暗号化」するかは任意ですが、暗号化がおすすめです。

バックアップを暗号化しないとWi-Fiの接続先やApple Payのデータなどが、引き継がれません。

また「バックアップを暗号化」で設定するパスワードは、バックアップやデータ移行の度に入力します。

覚えやすいパスワードを設定し、忘れないようにしましょう。

iPhoneのデータ移行をするときに注意すること

iPhoneのデータ移行をする際、注意点があります。

ここでは特に注意したい3つを紹介します。

iPhoneのストレージ容量

iPhoneに保存できるデータ量を表している、ストレージ容量。新iPhoneのストレージ容量が旧iPhoneよりも少なければ、新iPhoneにデータを保存しきれない可能性があります。

もし新iPhoneにデータを保存しきれない場合は、旧iPhone側でデータを整理しましょう。

写真やアプリなどデータ整理すれば、使用しているストレージの容量も減らせます。

データ移行とは別に引き継ぎが必要なアプリもある

LINEやApple PayのSuica、ゲームなど、データ移行作業では引き継げないアプリもあります。

クイックスタートやiCloud、iTunesで行うiPhoneのデータ移行作業とは別に、各アプリの引き継ぎ作業も必要です。

そのためデータ移行を行う際は、各アプリの引き継ぎ方法も調べておきましょう。

Apple IDとパスワードの確認

iPhoneのデータ移行を行う予定がある場合は、Apple IDとパスワードを事前に確認しておくと安心です。

iPhoneで利用できるサービスは、ほぼApple IDと紐づいています。

データ移行を行う際、Apple IDが必要となる場合もあります。

Apple IDやパスワードを忘れてしまった場合は、Appleの公式サイトで確認しましょう。

iPhoneのデータ移行でエラーが出た場合の対処法

iPhoneのデータ移行をする際、エラーが発生しデータ移行に失敗する場合もありますよね。

ここではデータ移行がスムーズに行えず、エラーが発生する理由を3つ紹介します。

改善方法もお伝えするので、エラーが発生した場合は試してください。

クイックスタートやiCloudでエラーが出た場合

クイックスタートやiCloudでiPhoneのデータ移行を行い、エラーが発生した場合はWi-Fi環境を確認しましょう。

通信速度が遅いなど不安定なWi-Fi環境下でデータ移行を行うと、通信エラーになる場合も多いです。

Wi-Fi環境を見直し安定したWi-Fi環境下で、iPhoneのデータ移行を行いましょう。

iTunesでエラーが出た場合

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行でエラーが発生した場合は、PCを再起動しましょう。

一時的なエラーであれば、再起動で改善される可能性は高いです。

ただPCの再起動で改善されない場合は、iTunesにエラーが発生している可能性もあります。

iTunesにエラーが発生している場合は、Microsoft StoreまたはAppleの公式サイトから、再度インストールし直しましょう。

iTunesにエラーが発生していた場合、改善する可能性も高いです。

バックアップが壊れていると表示される場合

iTunesで「バックアップが壊れているため、iPhoneをバックアップできませんでした。」と表示された場合、バックアップデータが破損していると考えられます。

バックアップデータが破損している場合は、バックアップデータを一度削除しましょう。

iTunesでバックアップを削除する方法

  1. iTunes画面左上の「編集」をクリックする
  2. 「環境設定」をクリックする
  3. 「デバイス」タブを開く
  4. 削除する予定のバックアップデータを選択し、「削除」をクリックする

バックアップデータが削除されたら、旧iPhoneから改めてバックアップを行いましょう。

改善されていれば再度バックアップしたデータで、スムーズなデータ移行が可能です。

まとめ

iPhoneのデータ移行はクイックスタートが便利です。

クイックスタートはiPhone12.4以降の機種で使える機能ですが、簡単にデータ移行を行えます。

操作も簡単なクイックスタートで、iPhoneのデータ移行をスムーズに行っていきましょう。

こちらの記事では、モバイルSuicaの移行方法や、iPhoneにおすすめのガラスフィルムについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました