AppleWatchの初期設定方法を紹介!おすすめのカスタマイズ設定も解説!

AppleWatchの初期設定を紹介!おすすめのカスタマイズ設定も解説! ガジェット

iPhoneユーザーであれば、持っていて損はないApple Watch。

購入後に使うためには、Apple Watchの初期設定を行う必要があります。

初期設定ではiPhoneとのペアリングや、Apple IDでサインインするなど、各種設定を行えます。

ただApple Watchには説明書がついていません。

Apple Watchの初期設定は販売店や量販店でも対応していないため、自分で行う必要があります。

「誰でも簡単にできる」といわれても、初めてApple Watchの初期設定を行う場合は、少し不安ですよね。

そこでこの記事ではApple Watchの初期設定について、詳しく解説します。加えておすすめのカスタマイズ設定5選や、バッテリーを長持ちさせる方法も紹介します。

この記事を最後まで読み、Apple Watchの初期設定を安心して行っていきましょう。

著者:ガジェットフルビルド

ガジェットフルビルド

毎月ガジェットを購入するガジェット好き。人生をワクワクさせてくれるガジェットや、愛用のガジェット自慢を各種SNSで発信中。

Apple Watchを初期設定する方法

Apple Watchは購入後、初期設定をしなければ使えません。

ここからはApple Watchの初期設定方法について、詳しく解説します。

iPhoneとペアリングを行うため、お手持ちのiPhoneも手元に準備しておきましょう。

Apple Watchの電源を入れる

まずはApple Watchの電源を入れましょう。

Apple Watchの電源を入れる方法

  1. Apple Watchの側面にある「サイドボタン」を長押しする
  2. Appleのロゴが表示されたらしばらく待つ

完全に起動するまでは数分かかることもあります。

Apple WatchとiPhoneをペアリングする

Apple Watchの電源が入ったら、iPhoneとペアリングしましょう。

Apple WatchとiPhoneをペアリングする方法

  1. Apple WatchをiPhoneへ近づける
  2. 「iPhoneを使用してこのApple Watchを設定」といったメッセージが、iPhoneへ表示されたら「続ける」をタップする
  3. iPhoneのホーム画面上にある「Watch」アプリを起動させる
  4. 「マイウォッチ」をタップする
  5. 「ペアリングを開始」をタップする
  6. iPhoneのカメラが起動する
  7. Apple Watchの文字盤を、iPhoneのファインダー中央に合わせる

「Apple Watchのペアリングが完了しました」といった内容が表示されれば、ペアリング完了です。

ペアリング完了後は「Apple Watchを設定」をタップし、Apple Watchの設定を開始します。

新しいデバイスとして設定する(バックアップから復元する)

初めてApple Watchを使う場合と、バックアップがある場合で手順が少し異なります。

新しいデバイスとして設定する場合は、「新しいApple Watchとして設定」をタップしましょう。

バックアップがある方は、「バックアップから復元」をタップ。復元したいバックアップを選択し、ソフトウェアをアップデートすれば完了です。

Apple IDでサインインする

Apple IDでサインインすると、iPhoneで「探す」や位置情報サービスなどの機能が、自動的にApple Watchでも有効になります。

設定しない場合は下部に表示される「この手順をスキップ」をタップすれば、こちらの手順をスキップできます。

Apple IDでサインインする

  1. Apple IDのパスワードを入力する画面が表示される
  2. 「パスワードを入力」をタップし、パスワードを入力する
  3. 続けて表示される「iPhoneと共有される設定の内容」を確認
  4. 「OK」をタップする

パスコードを作成する

パスコードはApple Payを利用する際などに、必要となります。

Apple Payを利用する予定の方は、パスコードを作成しておきましょう。

パスコードの作成

  1. 「パスコード作成」をタップする
  2. Apple Watch上で設定したいコードを入力する

パスコードを作成するとApple Watchを腕から外した際、ロックがかかるようになります。

ロック解除にもパスコードが必要なので、しっかり覚えておきましょう。

利用可能なAppをインストールする

Apple Watchに対応しているアプリが、すでにiPhoneへインストールされている場合「すべてインストール」にてインストールできます。

個別にインストールしたい場合は「後で選択」をタップしましょう。

デバイスの同期が終わるまで待つ

インストールの設定を終えると、Apple WatchとiPhoneの同期が始まります。

共有するデータ量によっては同期に時間がかかることもあるので、しばらく待ちましょう。

同期が終われば、初期設定は完了です。

Apple Watchおすすめのカスタマイズ設定5選

Apple Watchの初期設定が無事に完了したあとは、カスタマイズ設定がおすすめです。

カスタマイズ設定することで、Apple Watchをより便利に使えます。

ここからはApple Watchおすすめのカスタマイズ設定5選を紹介します。

アプリ通知を選別する

アプリ通知は不要なものを「オフ」にしましょう。

デフォルト設定はiPhoneで利用しているアプリの通知も、すべて受け取ってしまいます。

不要なアプリの通知を「オフ」にすれば、わずらわしさも感じません。

アプリ通知をオフにする方法

  1. 「Watch」アプリを開く
  2. 「通知」をタップする
  3. 不要な通知を「オフ」にする

通知を確実に届けてくれるApple Watchだからこそ、コントロールすることで快適に利用できます。

消音モードをオンにする

Apple Watchは手首に装着しているため、バイブのみでも通知に気づきやすいです。

音を鳴らしてはいけない場面で「うっかり音が鳴ってしまう」といった事態も防げるため、「消音モード」は「オン」がおすすめです。

「消音モード」はコントロールセンターから、鈴のアイコンをタップするだけで、設定できます。

デフォルト設定で気づきにくい場合は、バイブを「はっきり」へ設定しましょう。

「設定」から「サウンドと触覚」をタップし、「はっきり」をタップすれば、より伝わりやすいバイブで通知してくれます。

表示するアプリを選別する

Apple Watchで不要なアプリは、「表示しない」設定がおすすめです。

Apple Watchの画面は小さいため、アプリ数が多いと本当に使いたいアプリも見つけにくくなります。

不要なアプリを「表示しない」方法

  1. 「Watch」アプリを開く
  2. 「Apple Watch上にインストール済み」をタップする
  3. Apple Watch上で表示しないアプリを選び「AppをApple Watchで表示」を「オフ」にする

アプリごとに設定ができるため、必要なもののみ表示しましょう。

iPhoneでApple Watchのロックを解除する

パスコードを設定すると、Apple Watchを外す度にロックがかかります。

再度Apple Watchを装着する際、パスコードの入力が必要なので少し面倒ですよね。

そのような場合はiPhoneのロック解除で、自動的にApple Watchのロックも解除される設定を、「オン」にするのがおすすめです。

iPhoneでApple Watchのロックを解除する方法

  1. 「Watch」アプリを開く
  2. 「パスコード」をタップする
  3. 「iPhoneのロックを解除」をオンにする

Apple Payを設定する

Apple Payを登録する場合は「Suica」がおすすめです。

駅の改札通貨やコンビニなどの決済を、Apple Watchだけでできるため便利ですよ。

Apple Payを登録する方法

  1. 「Watch」アプリを開く
  2. 「ウォレットとApple Pay」をタップする
  3. 「My Suica」をタップする
  4. エクスプレスカードをオンにする

通常サイドボタンを2回押す行為も不要となります。

Apple Watchのバッテリーを長持ちさせる方法

Apple Watchのバッテリーは設定により、長持ちさせることも可能です。

ここからはApple Watchのバッテリーを、長持ちさせる方法を紹介します。

「常時ディスプレイ表示」をオフにする

Apple Watchのディスプレイを常時表示している場合は、オフにしてバッテリー消費を抑えましょう。

常時ディスプレイ表示をオフにする方法

  1. 「設定」をタップ
  2. 「画面表示と明るさ」をタップ
  3. 「常にオン」をオフにする

手首を返すなど時計を見る動作でディスプレイも表示されるため、困ることもありません。

また「画面表示と明るさ」から、ディスプレイの明るさも調整できます。

少し暗くすれば、さらにバッテリー消費を抑えられます。

ただ暗くしすぎると視認性が低下するので、適度な暗さを保ちましょう。

「シアターモード」を利用する

「シアターモード」をオンにすれば、ディスプレイを確認する動作をしても、画面は表示されなくなります。

映画館や舞台鑑賞時に活用する機能ですが、バッテリー節約にも役立ちます。

「コントロールセンター」にある仮面のようなアイコンをタップすれば、設定も完了です。

Apple Watchを身に着けて睡眠をとる場合も、画面の光に邪魔されません。

「バッテリー充電の最適化」をオンにする

「バッテリー充電の最適化」は、バッテリーの経年劣化を軽減できる機能です。

Apple Watchの充電時間を自動学習することで、80%~フル充電になるまで充電速度を自動調整してくれます。

バッテリー充電の最適化をオンにする方法

  1. 「設定」をタップ
  2. 「バッテリー」をタップする
  3. 「バッテリーの状態」をタップする
  4. 「バッテリー充電の最適化」をオンにする

まとめ

Apple Watchには説明書などがついていないため、初期設定を1人で行う必要があります。

不安なときはぜひこの記事を参考に、Apple Watchの初期設定を行ってください。

自分にとって使いやすいApple Watchを、活用していきましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのメリットや、Apple Watch SEを実際に使ったレビューApple Watchのコントロールセンターについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました