モバイルSuicaを機種変更で移行する方法を解説!できない場合の対処法も紹介

モバイルSuicaを機種変更で移行する方法!できない場合の対処法も紹介 ガジェット
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

Suicaをスマホに登録して利用できる「モバイルSuica」。改札を通るときや買い物をするとき、スマホをかざすだけで済むため便利です。

ただスマホは、同じ端末を永遠に利用できるわけではありません。

様々な理由からスマホを機種変更する時期は来ます。

そしてスマホの機種変更時に困るのが、データ移行です。モバイルSuicaもどのようにデータを引き継げばいいのか、わからないですよね。

そこでこの記事ではスマホの機種変更時、モバイルSuicaを上手に引き継ぐ方法について紹介します。

さらに旧端末が故障などで使えない場合の対処法も、解説します。

モバイルSuicaのデータ引き継ぎをスムーズに行い、機種変更後の端末でも使いこなしていきましょう。

モバイルSuicaは機種変更前に事前準備が必要

モバイルSuicaのデータ移行は、事前準備を行っているとスムーズに進みます。

スマホを機種変更する場合も失敗せずモバイルSuicaのデータ移行ができるよう、しっかり確認していきましょう。

iPhoneの場合

現在利用しているスマホ(旧端末となる予定)がiPhoneで、iPhoneへ機種変更する予定の場合、Apple IDとパスワードを確認しておきましょう。

SuicaのデータはApple IDと紐づいているため、同じApple IDでログインする必要があります。

異なるApple IDの場合、引き継ぎができません。

そのためApple IDとパスワードはしっかり確認しておきましょう。

Apple IDとパスワードが思い出せない場合は、Appleの公式サイトからも確認できます。

Androidの場合

現在利用しているスマホがAndroidで、Androidへ機種変更する予定の場合は、Suica情報をサーバーへ預けておく必要があります。

Suica情報をサーバーへ預ける作業は、「モバイルSuica」アプリを利用します。

Suica情報をサーバーへ預ける作業方法

  1. 「モバイルSuica」アプリを起動する
  2. パスワード入力や生態認証などでログインする
  3. 「会員メニュー」タブをタップし、「カードを預ける(機種変更)」をタップする
  4. 確認メッセージが表示されるため、「アプリ起動」をタップする
  5. Suicaの画面に切り替わるため、「カードを預ける(機種変更)」をタップする
  6. 確認メッセージを確認し、「はい」をタップする
  7. 注意事項をよく読み、「預ける」をタップする
  8. ※注意事項の画面では、Suica情報を移行するGoogleアカウントが表示されます。複数のアカウントを利用している方は、どのアカウントかよく確認しておきましょう。

Suica情報を問題なく預けられれば、事前準備は完了です。

Suica

Suica

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

iPhoneからAndroidに移行する場合

iPhoneからAndroidへ機種変更する予定の場合は、モバイルSuicaの公式サイトにてログイン情報を確認しておきましょう。

ログイン情報とはモバイルSuicaへ登録している、メールアドレスとパスワードです。

機種変更前に確認しておき、スムーズなデータ移行を行いましょう。

モバイルSuicaを機種変更時に失敗せず移行する方法

機種変更するときモバイルSuicaも、失敗せずデータ移行したいですよね。

ここではモバイルSuicaのデータ移行がスムーズに行えるよう、機種ごとに紹介します。

自分のケースに当てはめて、1つずつ確認しながら行いましょう。

iPhoneからiPhoneへ機種変更する場合

まずはiPhoneからiPhoneへ機種変更する際、モバイルSuicaのデータを移行する方法を紹介します。

新iPhoneにSuicaを登録する場合、旧端末に登録されているSuica情報は、削除する必要があります。

JR東日本の規定によりSuicaを、複数のデバイスへ登録することができないためです。

ただ「削除」といってもiPhoneからSuicaの情報を削除するだけです。

Suicaの残高や情報はサーバーへ保存されているため、データが消える心配はありません。

新旧2台のiPhoneを手元に用意し、Suicaのデータ移行を行っていきましょう。

Suicaのデータ移行方法

  1. 旧端末の「ウォレット」アプリを起動する
  2. 「Suica」を選び、右上に表示されている「…」をタップする
  3. 画面の下部に表示される「このカードを削除」をタップする
  4. 新iPhoneに持ち替え「ウォレット」アプリを起動する
  5. 画面の右上に表示されている「+」をタップする
  6. カードの種類を選ぶ画面で「交通系ICカード」をタップし、「Suica」を選択する
  7. Suicaに登録した氏名と残高が表示されるため、合っていれば「次へ」をタップする
  8. 「エクスプレスカードに設定完了」の画面が表示されるため、右上の「完了」をタップする

旧端末が手元にない場合も、新iPhoneやiCloudからSuicaの削除は可能です。

AndroidからAndroidへ機種変更する場合

続いてAndroidからAndroidへ機種変更する際、モバイルSuicaのデータ移行をする方法について解説します。

Androidの場合はデータをサーバーへ預けてあるため、新端末のみを利用します。

モバイルSuicaのデータ移行方法

  1. 「モバイルSuica」アプリを起動し、「すでに会員の方はこちら」をタップする
  2. 登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップする
  3. カードを受け取る画面が表示されるため、受け取るSuicaを選択する
  4. 「受け取る」をタップする
  5. 「おサイフケータイ」アプリが起動されるため、受け取るカードを選び「受け取る」をタップする
  6. モバイルSuicaアプリに、移行したSuicaが表示される

おサイフケータイアプリとモバイルSuicaアプリ、どちらでも正しく移行されているか確認できます。

iPhoneからAndroidへ機種変更する場合

次はiPhoneからAndroidへ機種変更した際に、モバイルSuicaのデータを移行する方法です。

iPhoneからAndroidへ機種変更した際は、旧端末でモバイルSuicaのデータを削除しておきましょう。

削除方法はiPhoneからiPhoneへ機種変更する際に行う方法と、同様です。

旧端末の「ウォレット」アプリを起動し、上記を参考に操作を行っていきましょう。

そして新しいAndroidでモバイルSuicaのデータ移行方法は、AndroidからAndroidへ機種変更する場合と同様です。

「モバイルSuica」アプリを起動し、「すでに会員の方はこちら」をタップし、始めましょう。

ログイン後は受け取るSuicaを選択し、受け取れば完了です。

意外と簡単な操作ばかりなので、落ち着いて行っていきましょう。

モバイルSuicaをApple Watchで利用している場合

最後にモバイルSuicaをApple Watchで利用している場合の、データ移行方法を紹介します。

Apple WatchでモバイルSuicaを利用している場合も、iPhoneと同様Apple WatchからSuica情報を削除・再登録する必要があります。

Suica情報を削除するにはiPhoneを利用します。

モバイルSuica情報を削除する方法

  1. iPhoneの「Watch」アプリを起動する
  2. 「マイウォッチ」タブを選択し、「ウォレットとApple Pay」をタップする
  3. Suicaをタップし、「情報」タブをタップする
  4. 画面の下部にある「このカードを削除」をタップする

こちらの方法で、Apple WatchからSuica情報は削除されます。

さらにiPhoneとのペアリングも解除しましょう。

新端末でiPhoneとペアリングを行います。設定を促す画面の中で、Apple Payに追加するカードを選択する画面が出てきます。

「Suica」を選択すると、Suicaカードが表示されるため、「次へ」をタップすればデータ移行は完了です。

モバイルSuicaを機種変更前に操作できない場合の対処法

旧端末が故障や紛失にて操作できない場合、モバイルSuicaアプリも操作できません。

しかしSuica情報を引き継ぐための事前準備が行えない場合も、対処する方法はあります。

ここでは2つの対処法を紹介します。

旧端末内にあるSuicaを再発行する

Suicaを再発行すれば、Suica情報の引き継ぎ準備ができない場合も、データを引き継げます。

Suicaを再発行すれば、Suica情報の引き継ぎ準備ができない場合も、データを引き継げます。

ただSuicaの再発行は手数料がかかります。

またSuicaの再発行は、「モバイルSuica」アプリに登録している会員限定のサービスです。

Google Payや楽天Payから登録したSuicaは対象外となります。

さらにiPhoneからAndroidなど異なるOS間で機種変更をした場合も、再発行ができない仕組みとなっているため、注意が必要です。

旧端末内にあるSuicaを退会・払い戻しする

Suicaを退会すると残高や乗車券の類は、払い戻しされます(手数料はかかります)。

退会することで会員情報が削除されるため、利用履歴などのデータは消えてしまいます。

ただ新端末で同じメールアドレスを使用した、Suicaの新規発行が可能です。

Suicaの残高は手続きが完了した日から、2週間~1か月後に口座へ振り込まれます。

定期券の場合は確定後に、購入時のクレジットカードへ払い戻しされます。

まとめ

モバイルSuicaはスマホを機種変更しても、残高などのデータ移行が可能です。

事前に準備をしておくことで、スムーズかつ簡単な操作で行えます。

旧端末が手元にない場合も対処法があるため、あきらめることもありません。

スマホを新しくしても、モバイルSuicaを快適に使っていきましょう。

こちらの記事では、おすすめのMagSafe充電器や、おすすめのMagSafe対応モバイルバッテリーについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました