Anker Soundcore Life P3を実際に使ってレビュー!│特徴とメリット・デメリットも解説

Anker Soundcore Life P3を徹底レビュー!│特徴とメリット・デメリットも解説

Ankerのイヤホン「Anker Soundcore Life P3」をご存知でしょうか?

機能が充実していてコスパもいいと、ネットやアマゾンのレビューで評判がいいイヤホンです。そのため、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

Anker Soundcore Life P3がどんなイヤホンか知りたい方のために、本記事では、まずAnker Soundcore Life P3の特徴、スペック、同梱物を説明します。

次に、機能性、ノイズキャンセリング機能、専用アプリ、音質、サイズ感を述べ、最後にメリット・デメリット、Anker Soundcore Life P3をおすすめできる人を実際に使って解説します。

最後までご覧いただくと、Anker Soundcore Life P3がどんなイヤホンで、どういったメリット・デメリットがあるのか分かります。

このメディアでは、ankerでおすすめのワイヤレスイヤホンをまとめてご紹介をしている記事もあります。この記事を読み終わったらぜひそちらも読んでみてくださいね。

Anker Soundcore Life P3とは

Anker Soundcore Life P3 端末画像

Anker Soundcore Life P3とは、Ankerがつくったワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Life Pはシリーズになっていて、前モデルのLife P2よりも人気があります。

その人気の理由は、Life P2に含まれていなかった機能が備わっているからです。

そこで、Anker Soundcore Life P3の特徴、スペック、同梱物を解説します。

Soundcore Life P3の特徴

Soundcore Life P3中身画像

Soundcore Life P3の特徴は、前モデルにはなかったノイズキャンセリングがあることと、豊富なカラー展開があることです。

ノイズキャンセリングとは、今いる環境に合わせて、周りの音を消してくれるモードを選べる機能です。

選べる環境モードは、家の中、外にいるとき、交通機関にいるときの3つあり、それぞれのシーンで耳に入る音は違うので、配慮のある機能です。

そして選べるカラーは、ブラック、オフホワイト、ネイビー、コーラスレッド、ライトブルーの5色あります。

ただし、ブラック以外は価格が高くなっているので、購入時に気をつけてください。

Soundcore Life P3のスペック

Soundcore Life P3のスペックは、以下のようになっています。

Soundcore Life P3のスペック

  • USポート…USB-C
  • コーデック…SBC・AAC
  • 再生時間…イヤホン単体利用⇒最大7時間、イヤホン+ケース併用⇒最大35時間
  • ノイズキャンセリング
  • 外音取り込み
  • 音声通話
  • アプリ対応
  • イコライザー
  • ワイヤレス充電
  • IPX5防水規格
  • ゲーミングモード
  • イヤホンを探す機能
  • 防水等級…IPX5(水の噴射を直接浴びても、機器本体に有害な影響がない)

Soundcore Life P3の同梱物

Anker Soundcore Life P3同梱物

Soundcore Life P3の同梱物は、Anker Soundcore Life P3のイヤホン本体、充電ケース、イヤーチップ(XS・S・M・L・XL ※開封時の商品にはMサイズが取り付けてられています)、USB-C&USB-Aケーブル、説明書が入っています。

Anker Soundcore Life P3 イヤーチップ

イヤーチップは、キレイな列に沿って収納されています。

Soundcore Life P3のレビュー

Soundcore Life P3のレビューは、ネット上やアマゾンで多くの方の声があります。

いい評価が多いですが、イマイチだと感じた点もありました。

そこで、レビューにあった中で、機能性、ノイズキャンセリング機能、専用アプリ、音質、サイズ感について解説します。

機能性

Soundcore Life P3の機能性は優れていて、突然雨が降っても安心できる防水性能があります。

バッテリー持ちも十分で、イヤホン単体では最大7時間、イヤホンとケース併用で最大35時間再生できます。

そして、急速充電にも対応していて、10分間で約2時間再生ができるようになっているところは、嬉しい点です。

イヤホンは、耳栓のような形をしているカナル型です。

カナル型は耳の奥まで入れ込むので、遮音性が高くフィット感があります。

Soundcore Life P3のイヤホンは、イヤーピースと呼ばれる先端にあるゴムの角度が、斜め下に向けられているので、耳に入れやすくなっています。

ノイズキャンセリング機能

Anker Soundcore Life P3ノイキャン

ノイズキャンセリング機能は、Soundcore Life P3で初めて取り入れられた機能で、交通機関、屋内、屋外の3種類の環境に合わせて音を消すことができます。

外の音でよくある電車やバスのエンジン音、車やバイクの走行音、そして、ご自宅のテレビの音、カフェでの話し声も十分音を遮ることができます。

ただ、工事現場で鳴る「キーン」「カーン」という音、ご自宅のキッチンでの食材をカットする音、蛇口から水が出る音は、あまり効果がありません。

しかし、日常生活で聞こえるほとんどの音を軽減させてくれるので、Soundcore Life P3のノイズキャンセリング機能は、ふだん使用する分では十分と言えます。

専用アプリが便利

Anker Soundcore Life P3アプリ

Soundcore Life P3には専用のアプリがあり、ホーム画面では、イヤホンのバッテリー確認、各種設定ができるようになっています。

アプリでは、操作方法の変更、外音モードの切替や設定、イコライザー設定、イヤーチップ装着テストができます。

そして今回新しく、ゲームモード、イヤホンを探す、睡眠モードの3つの機能がついています。

ゲームモードにすれば、ゲームをする時の映像と音の遅延を抑えてくれますが、音のバランスを調節してくれるイコライザーが無効となり、環境音が聞こえやすくなります。

デバイスを探す機能は、イヤホンを紛失して探す時に、イヤホンから音を鳴らして見つける機能です。

こちらに関しては、「地図と連動してくれればよかった」というレビューが多かったです。

睡眠モードは、プリセットで用意された環境音に音量バランスをご自身で設定でき、自分好みの環境音を作ることができます。

このように、アプリでさまざまな機能の切替や設定ができて、便利になっています。

音質

肝心の音質は、高音域と低音域が強調されて聞こえる音質です。

中音域が埋もれてしまっているわけではありませんが、ボーカルの歌声を重視したい方には物足りなさを感じるかもしれません。

音質はAnker Soundcore Liberty Air 2 Proの方がいい、というレビューもありました。

サイズ感

Anker Soundcore Life P3 サイズ

Soundcore Life P3のサイズは、5.29cm×6.09cm×3.1cmの手のひらサイズで、重さは60g、イヤホンだけでは10gです。

持ち運びに都合のいいサイズで、ズボンのポケットにも入ります。

Soundcore Life P3のメリット・デメリット

Soundcore Life P3のさまざまな機能を述べましたが、レビューでは機能の面でメリット・デメリットの声がありました。

これらを知ることによって、イマイチな点があっても、ご自身が納得できるかどうか判断できます。

メリット

Soundcore Life P3のメリットで多くあったレビューは、コスパがいいことでした。

お値段以上に機能が充実していることが、最大のメリットです。

メリットはそのほかにも多くありますので、ご覧ください。

Soundcore Life P3のメリット

  • 価格のわりに機能が充実している
  • ワイヤレス充電が便利
  • アプリのカスタマイズ性がいい
  • ケースがコンパクトで持ち運びが便利
  • 通話のときに雑音が入らない
  • ゲームモードで映像と音声の遅延がほぼない
  • アプリ機能が豊富
  • ノイズキャンセリング機能で音をカットできる
  • オシャレなデザインで5種類の色から選べる
  • イヤホンのつけ心地がよい
  • メリハリのある音質

コスパのよさと同じくらい、好評価していたのは、ワイヤレス充電ができる点でした。

そして、新しい機能のノイズキャンセリング機能は、するとしないとでは違いがあるので、この機能も十分評価しています。

デメリット

Soundcore Life P3のデメリットで多かった声は、装着センサーが非搭載の点です。

そのほかのデメリットもあります。

Soundcore Life P3のデメリット

  • 装着センサーが非搭載
  • タッチセンサーの感度が悪い
  • apt-X非対応

装着センサーが非搭載というのは、耳からイヤホンを外しても音楽が止まらず、そのまま流れ続けることです。

Soundcore Life P3のコントロールは、イヤホン左右のシングルタップ、ダブルタップ、2秒間長押しの操作でできるのですが、気をつけてタッチしないとうまく反応してくれない、という声がありました。

そしてapt-X非対応なので、アンドロイド端末の方は、注意が必要です。

Soundcore Life P3をおすすめできる人

Soundcore Life P3をおすすめできる人は、なるべく予算を抑えて機能が充実したワイヤレスイヤホンが欲しい方、初めてワイヤレスイヤホンを持つ方です。

音に関して、特に音質にこだわりがない、またはロックが好きな方、そして音楽以外にゲームをする方にもおすすめです。

まとめ

Anker Soundcore Life P3の特徴、レビュー、メリット・デメリット、Anker Soundcore Life P3をおすすめできる人を解説してきました。

Anker Soundcore Life P3の特徴は、初めてノンキャンセリング機能がついた点で、レビューでは各サイトやアマゾンでは好評価が多いイヤホンです。

メリットは、お値段以上に十分な機能が備わっている点で、デメリットは装着センサーが非搭載、タッチの感度がよくない、apt-X非対応な点です。

Anker Soundcore Life P3をおすすめできる人は、予算を抑えて充実した機能が欲しい方、初めてワイヤレスイヤホンを持つ方です。

Anker Soundcore Life P3のレビューでは、いい評価をする方が多くいましたが、より深く調べると、いい面・悪い面が書かれているので、購入しようか迷っている方は、レビューを参考にして判断するのがおすすめです。

こちらの記事では、Ankerのおすすめガジェットや、Ankerのおすすめスピーカーについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました