HHKBのおすすめキーボード5選を紹介!特徴や選び方なども解説!

ガジェット
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

HHKBはタイピングが心地よくできると評判のキーボードです。

手首をほぼ動かさずに高速タイピングができるため、プログラマーやエンジニアなどからも高い指示を得ています。

ただHHKBは高価なキーボードです。種類は多くないものの、店頭で陳列されている場面もほぼ見かけません。

試し打ちなどの機会も少ないため、HHKBをほしいと思ってもどれを選べばよいかわからず、悩みますよね。

安くない買い物なので、購入後に「失敗した」と後悔したくない方も多いです。

そこでこの記事ではHHKBの特徴や選び方、おすすめ5選などを紹介します。

タイピングそのものを楽しめるといわれているHHKBを上手に取り入れ、作業も快適に行っていきましょう。

HHKBとは

HHKBとは「Happy Hacking Keyboard(ハッピーハッキングキーボード)」の略称です。

東京大学名誉教授の和田英一さんが、「マイキーボード」を作りたいと思ったことをきっかけに、PC関連製品の販売・製造を行っている株式会社PFUと共同開発しました。

効率を求めて作られているキーボードため、プログラマーやエンジニアなどキーボードへ触れている時間が長い方に、愛用されています。

HHKBの特徴

ほかのキーボードと比べ、HHKBはコンパクトサイズです。デスク上でもゆったり使用できるといった特徴を持っています。

さらに静電容量無接点式という特殊なキー構造が採用されており、打ち心地も快適です。長時間タイピングしていても、疲れにくいキーボードです。

また中には文字の刻印が一切されていないモデルもあります。シンプルでおしゃれなデザイン性から、2019年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

HHKBの選び方

HHKBを選ぶときは、接続方法やキー配列など、いくつか確認したいポイントがあります。

購入してから後悔しないためにも、ここからはHHKBの選び方について解説します。

1つ1つポイントを確認して、ぴったりのキーボードを選びましょう。

接続方法で選ぶ

キーボードとデバイスを接続する方法は、大きくわけて2つあります。

ケーブルで繋ぐ有線タイプと、Bluetoothなどで繋ぐ無線タイプです。

使用シーンなどに合わせて、自分が使いやすい接続方法から選びましょう。

無線タイプ

HHKBのHYBRIDモデルには無線タイプが採用されています。

ケーブルが不要なため、小さめのデスクや外出先でも使用できます。

またUSB-Cタイプを使用すれば有線接続も可能です。状況に合わせて使いわけられるところも魅力です。

ただ無線で使用する場合は電池を使用するため、電池購入のコストがかかります。

こちらの記事では、おすすめのワイヤレスキーボードについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

ワイヤレスキーボードのおすすめ12選を紹介!選び方も解説!
ワイヤレスキーボードは、無線で接続できるためPC周りをすっきりできます。ただワイヤレスキーボードは、種類が豊富なので選ぶときも迷いますよね。この記事ではワイヤレスキーボードのおすすめ10選や選び方を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

有線タイプ

HHKBの有線タイプはclassicモデルに採用されています。

付属しているUSBケーブルを、PCなどデバイスへ接続して使用します。

キーボードとデバイスを直接繋ぐため、文字入力する際に遅延が発生しません。

ただケーブルで繋ぐためデスク上が狭く感じたり、見栄えを気にしたりすることがあります。

キー配列で選ぶ

HHKBは日本語配列と英語配列のモデルが販売されています。

キー配列は、普段から使い慣れている方の配列を選ぶのがおすすめです。

日本語配列と英語配列で大きく異なる点は、エンターキー・スペースキーの大きさと、矢印キーの有無です。

使い慣れていない方の配列を選ぶと、キー配列に慣れるまで時間がかかります。

使いやすいキーボードのはずが使いにくさを感じる結果となるため、注意してください。

カラーバリエーションで選ぶ

HHKBのカラーバリエーションは主に黒と白の2種類です。

黒はクールな印象が魅力です。汚れが目立ちにくい点も特徴といえます。

また白は清潔感があります。また印字モデルの場合は文字が見やすいです。

使用する部屋やデバイスとのバランス、好みなどから選びましょう。

静音性で選ぶ

HHKBのType-Sは静音性モデルです。

タイピングの音は意外と大きく響くため、静かな場所で使用していると目立ちますよね。

しかしHHKBのType-Sは静音容量無接点式を採用しており、タイピング音も静かです。

カフェやオフィスなどでもタイピング音を気にせず、作業へ集中できます。

ただ強くタイプすれば音が大きくなるため、静穏性を意識する場合は弱めにタイプしましょう。

HHKBのおすすめ5選

ここからはHHKBからおすすめ5選を紹介します。

用途や使用シーンに合わせて、自分にぴったりのキーボードを選びましょう。

Professional Classic KB401

付属のUSBケーブルでPCなどに繋げる有線タイプです。

コンパクトサイズでケーブルも簡単に着脱できるため、外出先で使用したい方にもおすすめです。

静電容量無接点方式を採用しており押下圧は45gで、タイピングも心地よく行えます。

プログラマーが理想とする合理的なキー配置で、ホームポジションから手を移動させる必要もありません。

スピーディーなタイピングが可能なほか、3段階から傾きを調整できる点も魅力です。

created by Rinker
HHKB
¥26,950 (2022/12/10 16:10:36時点 Amazon調べ-詳細)

Professional HYBRID KB800

Bluetooth接続が可能の無線モデルです。付属のUSBケーブルでデバイスと繋ぐこともできるため、デバイスを選びません。

Bluetooth接続では4台まで登録可能のマルチペアリングに対応しています。

様々なデバイスで利用したい方におすすめです。

無駄のない合理的なキー配置で、スピーディーなタイピングが可能。長時間の使用でも手が疲れにくい仕様となっています。

またキーマップ変更機能がついているため、より使いやすくキーボードを構築できます。

created by Rinker
HHKB
¥31,900 (2022/12/10 16:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

Professional HYBRID KB820

Bluetooth接続が可能です。さらに付属のUSBケーブルでデバイスと繋げば、有線接続もできるマルチタイプです。

Bluetooth接続では4台まで登録可能。様々なデバイスで利用できます。

印字ありの日本語配列なので、HHKB初心者にもおすすめです。

キースイッチには深いストロークと心地よいキータッチが特徴的な、静電容量無接点方式を採用しています。

ショートカット操作に適した合理的なキー配置で、スピーディーなタイピングも可能です。

created by Rinker
HHKB
¥31,900 (2022/12/10 16:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

Professional HYBRID Type-S KB800

Bluetooth接続と、USBケーブルを使用しての有線接続に対応しているマルチタイプです。

スマホやPCなど、どのデバイスにも対応しています。

高速入力に最適な静電容量無接点方式を採用し、静粛性も抜群です。

さらに押下圧とキーストロークのバランスを最適化。打ち心地も快適な仕様となっています。

英語配列の印字がないモデルのため、使い慣れている方におすすめです。

合理的なキー配置と傾き3段階調整も搭載。理想的なキーボードです。

Professional HYBRID Type-S KB820

Bluetooth接続に対応。4台まで登録可能です。USBケーブルでデバイスと繋ぐこともできるため、無線・有線ともに利用できます。

キースイッチには耐久性も抜群の静電容量無接点方式を採用。静粛性にも優れているため、静かな場所で使用したい方にもおすすめです。

印字ありのモデルですが、キーボード本体と文字の色が似ています。印字がないモデルと同じように使用できる点も魅力です。

合理的なキー配置で高速タイピングにも対応しています。

created by Rinker
HHKB
¥36,850 (2022/12/10 12:54:49時点 Amazon調べ-詳細)

キー設定をカスタマイズする方法

HHKBはキーの設定を自分好みにカスタマイズできます。

公式サイトから無料でソフトをダウンロードするだけなので、簡単にできます。

以下はソフトをダウンロードした後の手順です。

キー設定をカスタマイズする手順

  • 「キーマップ変更ツール」を起動し、キーマップ変更をクリック
  • 画面上部には現在のキーマップが黒いキーボード、下部には白いキーボードで変更可能なキーマップが表示される
  • 白いキーボードから変更したいキーをドラッグし、上部の黒いキーボードへドロップする
  • 設定をすべて終えたら「HHKBへ書き込み」をクリックし保存

カスタマイズした情報は、キーボードへ保存されます。

そのためキーボードと接続するデバイスが変わっても、カスタマイズ後のキー設定で使用できるので安心です。

使いやすく設定すればタイピング速度も向上します。作業効率を向上させたいときなどにもおすすめです。

まとめ

HHKBは心地よいタイピングを実現できるキーボードです。

高価なキーボードですが、優れた耐久性や静音性、打ち心地など様々な魅力があります。

購入時に迷った際は紹介したチェックポイントを目安に、選んでくださいね。

使いやすいキーボードを購入し、タイピングも楽に行っていきましょう。

こちらの記事では、iPhoneホ対応のキーボードや、おすすめのデスク整理グッズについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました