君は何が好きなの?

雑記ブログ「君は何が好きなの?」。好きなものや楽しめるもの探しをお手伝いします。 好きなもの→バンド/バイク/イラスト/プロレス/ブログ/youtube/漫画/ランニング/バスケ/ゲーム/ 好きなものが被っている方はぜひ読者登録、ブックマークをお願いします!

Anker Power Core Fusion 5000を徹底レビュー!スペックや使い方、注意点などを紹介!

f:id:dietblogMY:20210920133825p:plain

スマホやタブレットなどモバイル端末を外出先でも充電できる、便利なアイテムをモバイルバッテリーといいます。

Anker Power Core Fusion 5000は、そんなモバイルバッテリーと充電器が一緒になった優れものです。

1台で2役をこなせるAnker Power Core Fusion 5000は、Amazonなどでレビュー評価も高いですよ。

ただ好評なレビューが多い場合、具体的にどういった部分がよいといわれているのか、気になりますよね。

したがってここではAnker Power Core Fusion 5000のスペックや使い方、注意点など、詳しくご紹介します。

Anker Power Core Fusion 5000をよく知って、購入検討するときの参考にしてください。

Anker Power Core Fusion 5000とは

f:id:dietblogMY:20210920133442p:plain

Anker Power Core Fusion 5000は、スマホやタブレットなどモバイル端末に関連する製品の開発や販売を行っている、Ankerから発売されたモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーはコンセントや充電器がない外出先で、モバイル端末を充電できる便利なアイテムです。

一般的にモバイルバッテリーと充電器は、別のものを使います。したがって出張や旅行先へは2つ持ち歩くことも多いです。

しかしAnker Power Core Fusion 5000は1台で、モバイルバッテリーと充電器、どちらの役割もこなすことができる優れもの。

Anker Power Core Fusion 5000が1台あれば、外出先ではモバイルバッテリーとして使用し、室内では充電器として使用する。このような使い方もできるのです。

そのため出張や旅行の際も、充電器やケーブルなどといった荷物を減らすことが可能です。

このように利便性がよいところも、レビュー評価の高さへつながっています。

Anker Power Core Fusion 5000のスペック

f:id:dietblogMY:20210920133552p:plain

Anker Power Core Fusion 5000は、1台で充電器とモバイルバッテリー、2つの役割を果たす便利なアイテムであるとわかりました。

ここからはAnker Power Core Fusion 5000のスペックについて、詳しくご紹介します。

バッテリー容量

Anker Power Core Fusion 5000のバッテリー容量は5000mAhです。

5000mAhはスマホを1台フル充電するのに十分なバッテリー容量です。

しかしモバイルバッテリーの中ではやや少なめな容量のため、タブレットなども充電したい場合、少し物足りなさを感じるかもしれません。

ただ外出時にスマホを1回充電できればよいという場合、Anker Power Core Fusion 5000は十分間に合うバッテリー容量です。

サイズ

f:id:dietblogMY:20210920132137p:plain

Anker Power Core Fusion 5000のサイズは、約72(幅)×70(奥行)×31(高さ)mmです。クレジットカードや小さめの小銭入れとほぼ同じ大きさですよ。

そのため女性が持っても、持ちにくいと感じることはないサイズです。

Anker Power Core Fusion 5000は、コンパクトなサイズ感も好評ですよ。

重量

Anker Power Core Fusion 5000の重さは約189g。一般的なモバイルバッテリーと同じ程度の重量です。

190mlの缶コーヒー1缶分程度ですよ。そのためバッグに入れていても重たさを感じることはありません。持ち歩いていても気にならない重量です。

ポート数

f:id:dietblogMY:20210920132250p:plain

Anker Power Core Fusion 5000にはUSB Type-Aの出力ポートが2つ備わっています。

そのため、スマホとタブレットを2台同時に充電することも可能です。

Anker Power Core Fusion 5000のメリット

続いてAnker Power Core Fusion 5000のメリットをご紹介します。主なメリットは以下3つです。

Anker Power Core Fusion 5000のメリット

  • コンセント内蔵型のため充電用ケーブルが不要
  • PowerIQで急速充電ができる
  • USBポートとしても使用可能

これから1つずつ詳しくご紹介していきます。

コンセント内蔵型のため充電用ケーブルが不要

f:id:dietblogMY:20210920132452p:plain

Anker Power Core Fusion 5000は、本体にコンセントプラグが内蔵されています。

そのためAnker Power Core Fusion 5000本体を充電するときも、ケーブルは不要です。

本体やモバイル端末を充電する度に行うケーブルのさし換えは、意外と手間がかかります。

しかしAnker Power Core Fusion 5000には、その手間が必要ありません。

さらにケーブルは意外とかさばるため何本も必要な場合、持ち運びにわずらわしさを感じることがありますよね。

Anker Power Core Fusion 5000は、モバイル端末とつなぐためのケーブルがあれば十分なため、持ち運ぶケーブルも減らせます。

またAnker Power Core Fusion 5000に内蔵されているコンセントプラグは、必要なときに引き出せるタイプとなっています。指に引っかけて引き出せるため、操作も簡単ですよ。

そして使い終えた場合やコンセントプラグを使わない場合は、折りたたんで収納します。

そのためコンセントプラグが曲がってしまうなどのアクシデントを防ぐことも可能です。

PowerIQで急速充電ができる

Anker PowerCore Fusion 5000には、PowerIQが搭載されています。

PowerIQとは接続されたスマホやタブレットなどモバイル端末に、最適な充電スピードを提供するAnker独自の技術です。

そのためAnker Power Core Fusion 5000と接続したモバイル端末は、最適な出力で急速充電することが可能です。

またAnker Power Core Fusion 5000は、充電し終えたモバイル端末のバッテリー浪費も防止してくれます。

したがって接続されたモバイル端末のバッテリーに、余計な負担をかけずにすみますよ。

USBポートとしても使用可能

f:id:dietblogMY:20210920132605p:plain

先ほどもご紹介しましたが、Anker Power Core Fusion 5000にはUSB Type-Aの出力ポートが2つ備わっています。

したがってコンセントにさし込んだまま使えば、USBポートとしても使用できます。

コンセントがある室内では、USBポートを2つ持つ充電器のように活用することも可能です。

したがって出張先や旅行先も、1つのUSBポートでスマホを充電し、もう1つは友人のスマホを充電するといった使い方もできますよ。

Anker Power Core Fusion 5000の使い方

Anker Power Core Fusion 5000が利便性のよいモバイルバッテリーだとわかりましたね。

そしてここからはAnker Power Core Fusion 5000の詳しい使い方について、ご紹介します。

本体の充電方法

Anker Power Core Fusion 5000本体を充電する方法は2つあります。

1つ目はコンセントに直接さし込み充電する方法です。

f:id:dietblogMY:20210920132802p:plain

先ほどもお伝えした通りAnker Power Core Fusion 5000本体にはコンセントプラグが内蔵されています。

したがって本体を直接コンセントにさし込めば、充電することが可能です。

2つ目はMicroUSBポートを使って充電する方法です。

f:id:dietblogMY:20210920132849p:plain

Anker Power Core Fusion 5000にはMicroUSBポートも備わっています。そのため、パソコンと本体をケーブルでつなぎ、充電することも可能です。

充電中はランプが点灯するため、どの程度充電できたのか一目でわかる仕様になっています。

モバイル端末への充電方法

モバイル端末への充電方法もとても簡単ですよ。

Anker Power Core Fusion 5000本体と充電したいスマホやタブレットなどモバイル端末をケーブルでつなぐだけです。ケーブルにつなぐと自動で充電が開始されます。

f:id:dietblogMY:20210920133042p:plain

またAnker Power Core Fusion 5000を直接コンセントにさし込み、充電したいモバイル端末にケーブルでつなげば、急速充電器としての使用も可能ですよ。

Anker Power Core Fusion 5000の注意点

Anker Power Core Fusion 5000の主な使い方がわかりましたね。

利便性がよく使いやすいAnker Power Core Fusion 5000には、使用する上での注意点もあります。

以下がAnker Power Core Fusion 5000の主な注意点です。

Anker Power Core Fusion 5000の注意点

  • コンセントにさしっぱなしにしない
  • スマホの充電は約1回分

これから1つずつ詳しくご紹介します。

コンセントにさしっぱなしにしない

Anker Power Core Fusion 5000はコンセントにさしっぱなしにすることを控えましょう。

充電完了したらAnker Power Core Fusion 5000は、速やかにコンセントから外すことをおすすめします。

Anker Power Core Fusion 5000を直接コンセントにさしっぱなしでいると、本体の寿命に影響がでます。

モバイルバッテリーとして長く使うためにも、充電が終わったらコンセントから外し、日頃から急速充電器として利用することは控えましょう。

普段は主にモバイルバッテリーとして使用することをおすすめします。

急速充電器として使うのは、外出先や充電器が壊れた場合など、緊急事態である場合がよいでしょう。

スマホの充電は約1回分

先ほどもご紹介した通り、Anker Power Core Fusion 5000の容量は5000mAhです。

そしてスマホの平均的な電池容量は2000~3000mAh程度といわれています。

数字だけ見れば、2回程度の充電は可能であると思いますよね。

しかしモバイルバッテリー容量は、すべてを接続したモバイル端末の充電に使用できるわけではありません。

モバイルバッテリー全体容量の30%程度は熱エネルギーとして消費されます。

そのため、実際に接続したモバイル端末の充電に使用できる容量は70%程度です。

よって全体容量が5000mAhのAnker Power Core Fusion 5000は、充電に使える容量が3500mAh程度となります。

つまり、スマホを1回フル充電できる程度の容量です。

そしてスマホを充電したあとのAnker Power Core Fusion 5000は、電池容量がほぼ残っていない状態となっています。

続けてタブレットを充電することや、スマホの充電も2回はできない可能性が高いため、注意しましょう。

まとめ

Anker Power Core Fusion 5000は、1台でモバイルバッテリーと充電器の2役をこなす、便利なモバイルバッテリーです。

そのため出張や旅行の際に荷物を減らすことができるなど、利便性のよさからレビュー評価も高いです。

外出時はスマホを1回充電できれば十分という場合、コンパクトで使い勝手がよいAnker Power Core Fusion 5000を試してみてはいかがでしょうか。

このメディアでは、5000円以下で買える、Logicoolの安いゲーミングマウス1万円代で買える安いゲーミングチェアAnkerのおすすめガジェットなどについても解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

www.myblog-kiminani.com

 

www.myblog-kiminani.com

 

www.myblog-kiminani.com

 

www.myblog-kiminani.com

www.myblog-kiminani.com