Apple Watchでできること10選を紹介!できないことなども解説!

Apple Watchでできること10選を紹介!できないことなども解説! ガジェット
楽天スーパーセール開催 !!

楽天スーパーセールでは、様々な商品を安く買えます。
3か月に1回のセールなので、必要なものは買いだめしておくことがおすすめです。

  • 期間:12/4(日)20:0~12/11(日)01:59
  • ポイント還元率:最大44倍
  • セール:半額アイテム約200万点

Apple WatchはiPhoneと連携して使用できる、スマートウォッチです。

健康管理にも役立つなど、スマートウォッチの中でもできることが多いのが魅力です。

特にiPhoneを使用している方にとって、Apple Watchほど優れたスマートウォッチはほかにありません。

ただApple Watchは多機能です。

Apple Watchを欲しいと思っても、「具体的にApple Watchでできることが、わからない」と購入を見送っている方もいますよね。

さらにApple Watchの購入後、「いまいち使い方がわからない」と悩んでいる方も多いと思います。

そこでこの記事では、Apple Watchでできること10選を紹介します。

またApple Watchでできないこともお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

Apple Watchでできることをよく知って、使いこなしていきましょう。

Apple Watchでできること10選

Apple Watchでできることは、意外と多いです。

毎日身に着けていても、できることがわかっていなければ、もったいないですよね。

ここではApple Watchでできること10選を紹介します。

基本的な機能や便利な機能など、Apple Watchの魅力に触れていきましょう。

振動アラーム

Apple Watchは時間を振動で知らせてくれます。

通常の目覚まし時計では大きな音が鳴るため、一緒に寝ている家族も起こしてしまいます。

ただApple Watchには振動のみで伝えてくれるアラーム機能を搭載。家族を巻き込まず起きることが可能です。

また電車の乗り過ごし防止や、休憩時間を使って仮眠をしたいときにも、役立ちます。

こちらの記事では、Apple Watchで目覚ましを設定する方法や、Apple Watchのおすすめ睡眠アプリについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

Siriでタイマーを操作する

Apple Watchはタイマー機能も、Siriで操作できます。

タイマーのセット方法も簡単です。Apple Watchのマイクを口元に近づけ、「タイマーを○○分にセット」というだけ。料理や家事などで手が塞がっているときでも、すぐ時間を測れるので便利です。

またタイマーを複数セットすることもできるため、料理の時短などでも活躍します。

文字盤のカスタマイズ

Apple Watchの文字盤は、カスタマイズを楽しめます。

あらかじめお気に入りの文字盤を登録しておけば、Apple Watchの画面をスワイプするだけで変更可能です。

文字盤の種類はシリーズごとに異なりますが、2022年10月現在の最新Apple Watchである Series 7では、47種類から選べます。

文字盤を変えられるのは、スマートウォッチならではの魅力です。

こちらの記事では、Apple Watchのおすすめ文字盤アプリについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

LINEメッセージの確認や返信

Apple WatchではLINEのメッセージ確認と、簡単な返信も行えます。

LINEで返信する方法は、以下の通りです。

LINEで返信する方法

  • 定型文
  • 一部のスタンプ
  • 音声入力
  • 音声メッセージ

定型文は10個まで登録しておけます。あらかじめ登録しておくことで、Apple Watchの返信でも役立ちます。

また音声返信はテキスト変換への精度もいいので、安心して使えます。

電子決済

Apple Watchでは電子決済機能も利用できます。

SuicaやPASMOなどの交通系ICカードを登録しておけば、改札もApple Watchのみで通れます。

またnanacoやWAON、PayPayなども利用可能です。コンビニなどでの買い物も、スピーディーに行えるため、便利です。

決済端末も向かって左側にあることが多いため、Apple Watchを左腕に着けている場合もスムーズに支払えます。

こちらの記事では、Apple Watchでのapple pay決済のやり方や、Apple WatchでのPayPay支払いについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

心拍の測定

Apple Watchには、心拍数アプリが搭載されています。

安静時や運動時など、一日を通して様々な状態の心拍数を測定できます。

Apple Watchで心拍数を測定できる状態のときは、以下の通りです。

Apple Watchで心拍数を測定できる状態

  • 安静時
  • 瞑想時
  • 運動中
  • 運動後
  • 歩行時

また不規則な心拍があった場合は通知を受け取れるなど、健康管理にも役立ちます。

睡眠時間を記録

Apple Watchでは睡眠アプリを利用し、睡眠時間や質を記録できます。

Apple Watchを装着して寝れば、自動的に就寝時の動きを感知して記録してくれます。

起きたときには睡眠時間の確認や、過去14日間の平均睡眠時間を確認することも可能です。

記録された数値で自分にとって必要な睡眠時間もわかってくるなど、健康維持にも役立ちます。

こちらの記事では、Apple Watchのおすすめ睡眠アプリについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

転倒検出&緊急通報

Apple Watchは着用時に転倒した場合、緊急通報することも可能です。

転倒し助けを呼びたい場合は、画面に表示されている緊急通報サービスから、119番へ連絡できます。

もし意識がなく反応できない場合は、Apple Watchが自動で緊急通報サービスへ連絡してくれます。

事前に設定していれば、緊急時も周囲に気づいてもらえる可能性が高い機能です。

iPhoneの探索

Apple WatchではiPhoneを見失っても、探し出せます。

日々使用しているiPhoneも部屋の中や、かばんの中で見失う場面はありますよね。

ただApple Watchが手元にあれば、見つけ出すのも簡単です。

Apple Watchの設定画面からiPhoneのマークをタップすれば、iPhoneから音が出ます。

アイコンを長押しするとiPhoneのランプが点滅するので、暗い場所でも探し出せます。

Macのロックを解除する

Mac Bookのロック解除も、Apple Watchで可能です。

通常Mac Bookのロックを解除する場合はパスワードの入力や、Touch IDを使用します。

しかし事前にApple Watchを同期させておけば、パスワードの入力やTouch IDの使用も不要です。

Apple Watchを身に着けMac Bookに近づいただけで、ロックを解除できます。

Mac Bookでの作業も、よりスピーディーに始められるので便利です。

Apple Watchのみでできること

Apple Watchは基本、iPhoneとセットで使用するスマートウォッチです。

ただ中にはApple Watchのみでできることも、あります。

そしてApple Watchのみでできることは、モデルによって異なります。

ここではセルラーモデルとGPSモデルごとに、Apple Watchのみでできることを紹介します。

セルラーモデル

Apple Watchのセルラーモデルは、携帯回線を使えるモデルです。

携帯回線を使えるためApple Watchのみでも、電話することが可能です。

ネットワークへも接続もできるため、メールなどの通知を受け取ったり、音楽をストリーミング再生できたりします。

Apple Watchのセルラーモデルは、iPhoneが側になくてもすべての機能を使用できるモデルです。

GPSモデル

Apple WatchのGPSモデルは、携帯回線での通信ができません。

しかしGPSモデルでも意外とできることは多いです。

Apple Payでの支払いや、Apple Watchに直接ダウンロードした音楽の再生も可能です。

またSuicaも残高があれば、利用できます。

基本的にオフラインで使える機能はすべて使えるなど、GPSモデルのみでもできることは多いです。

こちらの記事では、Apple Watchのセルラー、GPSモデルの違いについてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

Apple WatchセルラーとGPSの違いを比較!モデル別おすすめの人も解説!
Apple Watchはセルラーモデルと、GPSモデルの2種類あります。両モデルで迷ったときは、違いなども基準となりますよね。そこでこの記事では、Apple Watchセルラーモデルと、GPSモデルの違いを比較します。またモデル別におすすめの人も解説するので、ぜひご覧ください。

AppleWatchでできないこと

Apple Watchでできることはたくさんありましたね。

ただApple Watchでは、できないこともあります。

ここではApple Watchでできないことを、紹介します。

血圧や血糖値の測定

Apple Watchでは血圧や血糖値の数値を計測することは、できません。

Apple Watch Series 7には、血圧や血糖値を測定する機能は搭載されていないためです。

ただApple社ではApple Watchに搭載できるよう、様々なヘルスケア機能が開発中であるといった報道もあります。

今後発売されるApple Watchに、血圧や血糖値を計測できる機能が搭載される可能性は、高いです。

動画配信サービスの利用

Apple Watchでは動画配信サービスを楽しむことは、できません。

YouTubeやAmazon Prime Video、Netflixといった動画配信サービスに対応していないためです。

Apple Watchの基本は腕時計なので、腕に着用できるサイズが最適です。

動画を見るにはApple Watchの画面は小さすぎます。

Apple Watchが動画配信サービスに対応していない理由は、画面サイズにもあるといえます。

ビデオ通話

Apple Watchで音声通話はできますが、ビデオ通話はできません。

FaceTimeやZoom、LINEなどのビデオ通話に、Apple Watchは対応していないためです。

そもそもApple Watchにはカメラが内蔵されていません。

またApple Watchでのビデオ通話は、腕を長時間上げ続ける必要があります。

腕が疲れるといった根本的な問題もあるため、導入は難しいと考えられています。

まとめ

Apple Watchでできることは、意外と豊富です。

メッセージの確認や買い物をしたときの支払いなど、iPhoneを取り出さず様々なことに対応できます。

健康管理にも役立つApple Watch。できることがたくさんあるため、使いこなしてよりスマートな生活を送っていきましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのメリットや、Apple WatchのおすすめアプリApple Watchでリモートカメラを使用する方法についてより詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました